NASA公式!宇宙ステーションから見た地球の現在の姿を見られるサイトが凄い

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

NASAが国際宇宙ステーションから見たリアルタイムの地球の様子を生中継し、その模様が美しすぎるとネットで話題となっています。その概要をまとめてみました。

NASAが国際宇宙ステーションから見たリアルタイムの地球の様子を生中継し、その模様が美しすぎるとネットで話題となっています。その概要をまとめてみました。

■ 地球のリアルタイムの様子をライブ配信

米航空宇宙局(NASA)は、国際宇宙ステーション(ISS)に取り付けた高画質ビデオカメラで地球を宇宙から撮影し、インターネット上で生中継する実験を始めました

■ 地球の美しい姿を見ることが出来る

ISSが約90分かけて地球を一周する間、4つのカメラの映像を順次切り替えながら、動画サイト「Ustream」で中継します

ISSが太陽に照らされた昼間のエリアの上空を通過する間は、青い海や白い雲、山脈や陸地を見ることができます

■ NASAのWebサイトではISSの位置も

NASA の Web サイトでは、Ustream の生中継映像だけでなく、ISS の現在位置が世界地図と Google マップに示されます

これなら、ISS の居場所を確認しつつピースサインを全世界に流すタイミングをつかみやすくなります

■ 日本の4台のHDカメラで配信

2014年4月30日に稼働が始まったISSの科学実験施設「コロンバス」の船外に設置された実験装置「HDEV(High Definition Earth Viewing)」が撮影しています

撮影は、市販されている4台のHDカメラから構成されており、それぞれ日立、東芝、ソニー、パナソニックから一般に発売されているものが利用されています

この4台のカメラは気圧や温度が管理された1つの箱に収められて、ISSの進行方向の前方向きに1台、天底向きに1台、そして後方向きに2台が割り振られています

■ ビデオカメラの動作試験

この生中継の目的は、ビデオ撮影機材の宇宙空間における機能や耐久性などを検証することです

高度が 400km 程度という比較的低い軌道において、放射線から受ける影響を確かめたいとしています

いずれは宇宙空間における強い放射線の影響で画質が低下し、またホットピクセルが現れたりといった症状が現れ、そして壊れることになります

■ 映像を見ながら好きな音楽を

NASAの配信チャンネルの説明によると、画面が暗くなる場合は地上が夜、灰色になる場合は、カメラをスイッチングしているときとのことです

■ 生中継サイト

▼ 参考サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加