読書家さん必見!読んだ本の管理はアプリ?ネット?

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

読書好きなみなさま、読んだ本の管理はどうしてますか?あの作家さんの新刊読んだっけ?とか、この本持ってたんだ!とかありませんか?……わたしはしょっちゅうありました。なので、最近になってスマホアプリで管理し始めました。そしたらとても楽しくて。なので読書家さんに役立つ管理サービス集めました!

▼手軽に登録!スマホアプリで管理!

入力するのは本の「タイトル」「著書」「日付」「メモ」「感想」の5項目だけというシンプルな読書管理アプリだ。一見物足りなさを感じそうだが、シンプルだからこそ入力しやすく、いつ購入し、何度読み返したかなどが細かく記録できる点が特長となっている。

キーワード検索が可能なほか、本のバーコードの読み取りや手入力が可能。

わたしはこのアプリを最近使い始めましたが、バーコード読み込み早いです!簡単に記録できるところがわたしにぴったり!

バーコード、ISBN、WEB検索で書籍情報を取得して記録できるので、感動や興奮をずっと覚えていたい本と出会えた時は片っ端から記録しておきましょう。

ISBNのない同人誌や、表紙画像がどこにもUPされていない絶版本の場合は、本の表紙をカメラで撮影して登録すればOKです。

Evernoteとの連携機能があったり、登録した書籍情報をリスト形式、本棚形式で表示したりできたり、「あったらいいな」と思える機能がほとんど実装されているのはお見事。

よく行く図書館にあるかチェックでき、予約もできます

これすごくないですか??
アプリでそこまでできるんですね!
わたしの家の近くに図書館がないので最近は行っていませんが、図書館好きの読書家さんは多いと思うので、これは素敵な機能ですね★

・iPhoneアプリ

読みたい本、紹介された本をEvernoteにストックしておくことが出来るアプリです。

ストック方法は、なんとバーコードをスキャンするだけ。

スキャンすると自動で書籍情報を取得してくれて、その場で書籍の内容や価格をチェックできます。それと同時にEvernoteに書籍情報を送信してくれるので、後でじっくり精査出来るのです。

作成した書籍データをCSVにすればPCからの管理も可能ですし、アプリ内にも履歴として残ります。

csvでPC管理できるのは嬉しいですね。
Excelでやたらと表を作りたがるわたしには向いているのかも……。

・Androidアプリ

アプリが提案するのは、スマホの中に”自宅にある本棚を作ってしまえばいい”というスマートな解決方法です。

「あれ?この本買ったっけ?」「しまった、この本持ってたな」
そんな読書家あるあるを解決!

未発売の新刊を購入予定に追加しておく事も可能です。発売タイミングでステータスバーに通知してくれるので買い忘れの心配もなし。

商品詳細ページから楽天ブックスにすぐジャンプできたり、使っていてまったくストレスが貯まらない本棚管理アプリです。「重複した本買っちゃった」と後悔している方はお試しください。

はい。楽天ブックスで同じ本を買ってしまったことあります……。
楽天ポイント貯めるために楽天ブックスで本を買うことも多いので、リンクしてくれてると助かります♥

▼できることいっぱい!ネットで記録!

読書メーターは読んだページ数や冊数などの読書量をグラフにして読書記録をしたり、
日本中の読書家さんたちとコミュニケーションができるサービスです。

読書量の全体/月間平均値から読書ペースが確認できます!

本を登録するだけで読んだ本の冊数とページ数がグラフ化されます。あなたの読書量が一目瞭然です。グラフ化することで達成感が生まれ読書習慣が身につきます。

買い忘れ、二重買い防止は読書家にとってのかなり重要です!

読みたい本を見つけたら「読みたい本」に、本を買ったら「積読本」に、読み始めたら「読んでる本」に、そして読み終わったら「読んだ本」に登録しましょう。

良い本に出会うことは至高の喜び!

あなたの読んだ本の情報を元に他のユーザーとの相性度と、そのユーザーが最近読んだ本を知ることができます。

読書好き、といっても好きな本の趣味はそれぞれ。好きな傾向が似ている人をお気に入りに追加することで、その人が読んだ本、読みたい本が自分のタイムラインに表示され、次に読む本の参考になることも。

相性が高いユーザーとは趣味が似ていることが多く、あなたに合う本を新しく見つけることができるかもしれません。

本棚は、読み終わった本をジャンルなどのカテゴリーに分けることができる機能です。例えば「面白い本棚」「ミステリー本棚」「自己啓発本棚」などなど。

コミュニケーションが取れるサイトなので、知人や気になる人を登録すれば最近の読書情報を知ることができます。「読み終わったから貸そうか?」「同じ本読んでるね!」など、リアルでのコミュニケーションのきっかけにもなりそうです。
その他にも、自分がこれまで読んだ本の感想を見ることができるので、違う観点など発見できるかもしれません。

登録した著者の新刊情報を知らせてくれたり、その著者のまだ読んでいない本も簡単にチェックすることができたりと、読者家にとって嬉しい機能がたっぷりです!

カレンダーに、今日本を読んだよ。というチェックをつけることができる「読書チェッカー」があるので、本を読むモチベーションを保つことができるかもしれません。

ブクログの使い方はとっても簡単。好きな本を探して、登録するだけ。
読んだ本なら感想を、読みたい本ならメモを書いておくと便利です。

ブクログでは、Amazon.co.jpにある全てのアイテムが登録できるので、本以外にもCDやDVDも登録することができます。
また、iTunes storeの音楽や、iPhone・iPadアプリも並べることができます。

「読みたい」「いま読んでいる」「積読」「読み終わった」と分けて記録することができるので、
あなたの部屋の本棚にある本も、手元にない本も、あなたと出会うすべての本を管理することができます。

作った本棚はブログパーツとして、あなたのHPやブログに設置できます。
好きなデザインの本棚であなたのお気に入りの本を紹介することができます。

本に加えてCDやDVD、iTunes storeの音楽や、iPhone・iPadアプリを管理できるのもいいですね。いろんなものを一元管理したい人にはぴったりです。
お気に入りの本棚を登録すれば、友達や好きなブロガーさんの読書傾向も見られます。
新刊情報やランキングもしっかりチェックできますよ~!

スマートフォンからもパソコンと同様、投稿・編集をできることはもちろん、専用アプリを使えば本のバーコードをカメラで読み取り簡単に投稿することができます。本屋さんで本の評判を調べるのにも便利です。

どちらも使ってみたいなぁと思いました。
感想などは読書メーターでちらっとチェックしたりもします。
ブクログでDVDやアプリまで管理できるとは知らなかったので、ちょっと興味でてきました!
読んだ本もそうなのですが、見たDVDもよくわからなくなっちゃうので……。

きちんとした書籍の管理をしたい、CDやDVDまで管理したいなどがあったらブクログ、他の人とのコミュニケーションをとって、本の幅を広げていきたいなら読書メーターというイメージです。


Photo by Tom Merton / OJO Images

わたしは今まで、手帳の読み終わった日のところに本のタイトルと著者名を記入してたんですけど、それだと管理ができないんですよね。
「あ、あの本!」と思っても、読み終わった日がわからないとタイトルも調べられない。
なので、最近になってアプリで管理始めました。
だいたいどのサービスも表紙を一覧で見れますよね。それが達成感あって幸せなのです。
webサービスとアプリと、両方使って管理している方も多いかと思います。

皆様、素敵な読書ライフをお送りください!
買い逃しと二重買いから、全ての読書家さんが解放されますように!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加