簡単!眠いとき 新しい眠気を覚ます方法!!「受験・仕事」

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

眠かったり、集中できなくて勉強が出来なかったりしてつらいときとかありませんか?そんなとき、簡単に目を覚ます方法があります。眠気解消!

眠い

眠いけど、眠気を覚まして勉強しなきゃ。そんな時あなたはどうしていますか?
ここでは、簡単に眠気を覚ます方法を紹介します。

この眠さは何?睡眠とは

睡眠は、体や脳の回復のために行われます。
そのため、しっかり休ませなくてはなりません。
しかし、現代の社会の状況では、そんなことをいってはいられません。
なので、眠気を覚まして働かなくてはなりません。

眠気を覚ますために用意するものは・・・



コーヒーの絞りかす。だけ

これを、勉強している机の前におきます。

これだけで眠気が覚めます。

コーヒーを飲むより香りを嗅ぐ

コーヒーの絞りかすはとてもコーヒーの香りが強く、
この香りは目を覚ましてくれます。
なので眠気には効果的です。
また、入れたコーヒーを飲んでさらに眠気を覚ますことが出来ます。

なぜ、眠気に良いのかというと、
コーヒーは眠気の覚めるものということを脳が覚えているため、
香りを嗅ぐと、頭がコーヒーを認識して「コーヒー=眠気が覚める」となるためと考えられます。

注意

カフェインは取り過ぎるとカフェイン中毒になります。

トイレが近くなることもありますが、それはカフェインのとりすぎでしょう。

ほかの方法

それは運動をすることです。その場で少しでも体を動かして見ましょう。そうすると、眠気が覚めます。

いすの横で出来るようなストレッチがオススメです。

リフレッシュすることも大切

勉強や仕事をしすぎて脳は疲れています。
また、疲れが慢性的にたまると体に悪い影響がたまります。
そのため、お気に入りの曲を聞いたり少しお菓子を食べたりしてリフレッシュしましょう。

しかし、リフレッシュしすぎてはいけません。

リフレッシュといって、色々してしまうと気持ちがそっちのほうに行ってしまいます。そのため、何かをしてそこから抜け出さなくてはなりません。

ではどうすればよいのか・・・

それは、時計のアラーム機能を使って時間に区切りをつけることです。
区切りをつけることにより、心の切り替えがしやすくなりやすくなります。

注意点

ここで、使うアラームを携帯のものにするとよくありません。なぜかというと、携帯を一度握ったところからが区切りだと普段遊びに使っているものから直接教科書やノートにうつります。これはあまりよくありません。このようなことをすると、携帯をあと5分といっていじってしまったりして、5分たってもあと5分としてしまい。ずっと、携帯をいじってしまう結果につながります。そのため、携帯を使ってアラームを鳴らさず、時計を使用するとよいです。

携帯を使わないこと

寝てしまうときの方法

あまりにも眠すぎて寝てしまい、おきたときには、時間が過ぎてしまっていることはよくあることです。
このようなことが起こらないようにするには、どうしたらよいのか?

そのようなときには、寝る前にコーヒーもしくは紅茶を飲んでから寝るとおきやすくなります。
大体、カフェインが効き始めるのが30分ぐらいといわれているので、ちょうどいい仮眠をとることが出来ます。
また、おきたときにはカフェインが効いているため、しゃきっとします。

早く寝れるようにする方法

次の日のために、早く眠りにつくためにベッドに入っても寝付けないなんていうことはよくあることで、結局寝付くにはいつもと同じ時間になってしまい、意味煮がないことがよくあります。

早く寝付くには・・・

早く寝付く方法はいくつかあるので、それらを紹介していこうとおもいます。

・食事を就寝4時間前にすます。

これは、食べ物が胃の中に入っていると胃を動かすために神経が働いてしまい、寝付きにくくなります。
なので、早めに食事をすませましょう。

・涼しくする
涼しいと暑いときに比べて寝付きやすいです。なので、若干涼しいくらいの温度で寝ましょう。
 注意
涼しすぎると風を引くので適度に行いましょう。

また、お風呂などは出てすぐだと体があったまっているため、冷ます時間を確保しましょう。

授業中寝てしまう対策

授業中は、眠気との戦いです。
寝てしまうと、次のときの授業に内容がついていけなくなってしまったり、
授業に対する取り組みの評価が下がってしまいます。

なので、授業中に眠くならない方法を紹介します。

お茶もしくはコーヒーを飲む

これは、珍しくもない普通の方法ですが、飲み方にコツがあります。
普通にはがぶがぶと飲んでしまっては意味がありません。

2~3口程度休憩時間に飲むこと

カフェインの効き目は飲んだ30分後です。
なので、休み時間ごとに飲んでいけば、1日500mlのペットボトル一本で眠気をとばして授業に集中できます。

オススメのドリンク

オススメはミルクティーです。
紅茶が元なので、カフェインが多くまた、とても甘いため、糖分補給にもなります。

コンビニやスーパなどで買えば100円以上しますが、
自宅で作って水筒でもっていけば、とても安く作れます。

面倒なときは、砂糖とティーバックを水の入った水筒の中に入れておけば着くころには飲めるようになっています。

眠いときの対処法

光りにあたることです。
通勤通学のときに、日向を歩いたりするとよいでしょう。

強い光りにあたると、セロトニンが増え、眠気も飛びます。
また、運動も取り入れるとよいでしょう。
運動すると血の流れがよくなります。

ブラックガムはオススメ

カフェインは脳に近い口の粘膜から摂取すると、すばやく効果が現れます。

即効性があります。

なので、前に紹介したものと一緒に行うとより効果が現れます。

カフェインの効果

カフェインは、とりすぎると耐性がついてしまい、少しでは聞かなくなってしまいます。
なので、毎日たくさんのカフェイン入りの飲料やお菓子をたくさん食べている場合は効き難くなります。

耐性を弱めるには2週間ほどカフェインフリーの生活をしなくてはなりません。
なので、カフェインをとるときにはほどほどにしておきましょう。

前日にしっかり寝て睡眠不足を予防

前日にしっかり睡眠をとっておけば、昼間に眠気に襲われることはありません。
なので、しっかり前日に睡眠をとっておきたいものです。
しかし、普段から睡眠不足の場合、夜遅くまで寝れないことが多く、
早く寝ることが難しい場合がおいです。
ではどうしたら早く寝ることが出来るのか?

その他のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加