親日家の外国人ペンフレンド10人以上と仲良くなった私の方法

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

親日家の外国人と仲良くなる方法を書きます。

海外運営のペンフレンド掲示板に安易に手を出さない!

PenpalとかLanguage Exchangeといったキーワードで検索すると、言語交流や文化交流を目的とした人が世界中から集まるサイトが簡単にヒットします。

※Googleだと自動的に日本語サイトが優先されるので、http://www.yahoo.com/ で検索すると簡単に見つかると思う。

ただ、この手のサイトには大きな欠点が2つある。

日本人と友達になりたいと思っている人が少ない。

登録無料だがメッセージを送るのは有料というサイトが多い。

海外のペンフレンド掲示板が全てダメだと言っているわけじゃない。でも、PenpalとかLanguage Exchangeというキーワードで検索すると欧米人に人気が偏った掲示板がヒットする可能性が高い。

外国人の親日家が集まるサイトを狙え!

外国人の親日家が集まるサイトには2つのタイプが有る。

1.日本人が運営しているペンフレンド掲示板

2.外国人が運営しているペンフレンド掲示板

1は、日本人の価値観で運営されているので、個人情報の扱いが丁寧な場合が多い。初心者におすすめです。

2は、利用規約も外国語で書かれていることが多く、上級者向けですが、日本人参加者が少ないため、外国人にメールを送ると返信率が高いと言えます。

掲示板を利用する前に知っておくべきこと

最近はFacebookでの交流が主流。また、親日家の中にはLineやカカオトーク利用者も多い。

最近は、ペンフレンド(メル友)募集の掲示板で外国人の友だちを探しても、1通目のメールでFacebookのURLやLineのIDを聞かれて、メールで交流しないパターンも増えてきました。

ですから、FacebookやLineの友達募集掲示板を見つけた場合、積極的に利用するのもいいかもしれません。(Lineは最近、セキュリティーが強化されているので、先にメールで友達になる必要があるかも…)

メールアドレスはフリーメールを使う

外国人の親日家と日本人が友だちになるための掲示板は、悪質なものは少ないと言えますが、利用者の中には商用目的(語学サイトの勧誘、出会い系サイトへの誘導)で使う人もいます。そういう人に普段、仕事用に使っているメルアドが知られると厄介なので、なるべく無料のメルアドを取得して掲示板を利用した方がいいと思います。

無料の掲示板の中には、メルアドが完全に公開されるものもあるので、やはり、ペンフレンド用にメールアドレスを取得したほうがいいでしょう。

日本人が運営している掲示板

たぶん、以下の2つは日本人が運営しています。ただし、Bugumiの方はFacebookと連携したサービスなのでFacebookのアカウントが必要。Hi!ペンパルは独自のSNSですが、やや東洋人の利用者が多いようです。

外国人が運営している掲示板

外国人が運営している掲示板は、友達になりたいと思っている国の言語で、「日本人 友達」と入力し、海外のサーチエンジンで検索すれば、見つかる場合が多いです。

Yahooで海外サイトを検索する方法についてはすで書きました。

PCを使ってGoogleで検索する場合、一度、適当な言語で検索すると、検索結果の上部にウェブ、画像、、、と表示され、一番右にボルトのようなマークが有ります。これをクリックして、「Language」を選ぶと、「検索結果の表示言語」を設定できます。

アニメオタクとかが集まるフォーラムとかがあれば、日本人の友達を募集できるスレッドがあったりする場合が多いです。

友達関係を長続きさせる

チャット(またはそれに類似したアプリ)を利用すると比較的、交流が長続きします。

メールの長文でのメッセージ交換の場合、どちらか一方が疲れてしまうと、交流が完全に終わってしまうことが多いのです。

ですから、スカイプなどを活用するのも効果的です。

親日家のLineユーザーは増えつつありますが、Lineの海外ユーザーはTVのニュースで騒がれているほど、多くありません。Lineとは何かを説明するところから始める必要がありますし、現時点では外国人との交流にはスカイプのほうが役に立つと思います。

言語学習のみが目的なら…

語学力をアップすることだけが目的の場合、Lang8のようなサイトを利用して、自分の個人情報を相手に伝えないまま、交流するという手もあります。

スマホの時代

最近は、スマホでメールをチェックする人が多いので、自分が長文のメールを書いても、相手は短文のメールになってしまう事があります。

その辺は相手に合わせて臨機応変に対応しましょう。

止めるのも大事!

あと、気が合わななと思ったら、メールの返信は直ぐにやめてしまったほうがいいと思います。

どうしても自分のほうからメールの返信を止めることに「後ろめたさ」を感じてしまう人が多いと思いますが、無理して返信たりすると、ペンフレンドとの交流が苦痛になってしまいます。

ほとんどの場合、1、2通のメール交換で終了するので、仲の良い友達を見つけるには、たくさんの人とメール交換する必要があると思います。

(おわり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加