初心者にもわかる。google+の使い方

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

専門用語ばっかりで、どうやって使っていいか分からない。そんな方のために、ここまでやっておけばひと通り使えるよという使い方を解説します。※招待がなくても登録できるようになりました!

そもそもどんなサービス?Facebookと何が違う?

例えばFacebookでウォールに書き込む時、この人には伝えたいけど、この人には伝えたくないということありますよね?
google+は、自分と相手の関係性によって「サークル」でグルーピングすることが出来るのです。
ツイッターでフォローするように、閲覧するだけなら「著名人」のサークルに、何度か会ったことの知り合いなら「知合い」のサークルに・・・といった感じ。

1.登録 「どうやってgoogle+に登録すればいいの?」

2011年9月21日時点で招待がなくても登録できるようになりました。googleのトップから登録しましょう。

2.必要項目入力 「招待メールを受け取ったら、名前など必要項目を入力しましょう」

!!注意!!
実名登録を基本としているので、実名(日本語もしくは英語)で登録しましょう。実名でない場合、アカウントを抹消される可能性があります。


山田太郎
taro yamada

3.友人を誘う&検索する

登録直後の画面はこんな風にガランとしています

google+登録直後の画面

友人を誘いましょう

上の赤丸部分でユーザーを検索できます。(登録している名前。)しかし、招待制なので知り合いは、あまりいません。右下の「他のユーザーをgoogle+に招待」を選択して、誘いたい友人のメールアドレスを入力しましょう。招待状が届きます。

左図のような画面が出るので、招待したユーザーをサークルに登録しておきましょう。友だち、家族の他、自分でサークルを作成することもできます。

4.検索した知人や著名人をサークルに入れる

検索した知人や著名人等をサークルに追加するには、該当者のマイページにある、「サークルに追加」ボタンをクリックします。

※サークルに入れられた人には通知されますが、自分がどんなサークルに入れられたかはわかりません。

なので、「会社関係」「超親しい知り合い」等の分類でもOKです

サークルに登録した人たちのストリーム(書込み)が表示されるようになります

ストリームにコメントをつけていくことが出来ます。
左の赤い丸囲みの部分に表示されたサークルをクリックすれば、指定したサークルのストリームのみ表示されます。

5.ストリームを呟いてみましょう

画面真ん中のストリームのテキストボックスにテキストを入力します。
※写真や動画、リンクを入れることも出来ます。
赤丸のリンクをクリックして、呟いた内容を共有するサークルを指定します。

共有するサークルを指定します。

・一般公開
・個人あて
(ユーザーの名前か個人アドレスを記入する)
も可能です。

内容が指定したサークルのストリームに表示されます。
※左の画像は、一般公開を選択しています。

何か動きがあると通知されます

お知らせ通知

友人が入会したり、自分がサークル入れられたり、ストリームが共有されたりすると、右上が赤くなって件数が表示されます。

クリックすると詳細を閲覧できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ