飛行中の飛行機がリアルタイムで表示されるFlightradar24が面白い!

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

空を見上げると飛んでいる飛行機がどこから来てどこへ向かって行くのか気になったことはありませんか?このフライトレーダーを利用すればそれがわかるようになりますよ

飛んでいる飛行機がリアルタイムで表示される

飛行機の音が大きいから何かなと思ってフライトレーダー見たら政府専用機だった

上空を通過したのにフライトレーダーに捉えられてないのは、軍用機ってことかな?

家族みんなでフライトレーダーで飛行機鑑賞。笑

フライトレーダーを見てるともの凄い飛行機の数で、こんなに燃油が使われてるんだと思うとちょっと怖い。。。飛行機好きなので、ごめんなさいだよね。。。

フライトレーダー24とは?

Flightradar24(フライトレーダー24)は飛行中の航空機の現在位置をリアルタイム表示するWebサービスならびにスマートフォン・タブレット向けアプリケーション。

空の上では航空機があちらへこちらへと飛び回っていますが、よほど詳しくないとどこからどこへいくのか、どんな機体なのかはさっぱりわかりません。これを、リアルタイムで把握できるのが「Flightradar24」です。

飛行中の機体をクリックすることで、航空機の詳細データを確認することができます。

Flightradar24 Freeでは、世界地図上に航空機の形をしたアイコンが表示されます。アイコンは今実際にその場所を飛行中の航空機を表しており、クリックするとコールサイン(便名)と航空会社名が表示されます。また、クリックした航空機を追跡できるので、知り合いの乗った航空機が今どこにいるかをライブ表示することもできます。

Flightradar24 Freeでは、地図の画像は衛星写真も選択できます。地図上に一度に表示できる機体の数は500機までですが、ヨーロッパの各都市に航空機が集中している様子や、時々大海原の真ん中にぽつりと機体を発見するなど、世界のいたるところを飛び交っている様子がわかります。

いつでもどこでも見ることができるスマホ版もある

同サイトのスマートフォン・タブレット向けアプリケーションが提供されている。機能はPC(ブラウザ)版と概ね同じであるが、表示がスマートフォン向けに最適化されているほか、通知機能(後述)などが追加されている。2014年現在ではiOS, Android, Windows Phone, Kindle版が存在している。

無料版の「Flightradar24 Free」と有料版の「Flightradar24 Pro」で機能の差別化が図られており、表示内容の設定や航空便の検索は有料版のみ利用できる。

いまさフライトレーダー
見てたけどさ、
これぱっと見
きもちわるいよね、( ´´ิ∀´ิ` ) pic.twitter.com/ONAu1aALwv

さらにこんな機能も!

さらに、「Cockpit View」をクリックすることで、操縦席からの景色を見ることも可能です!(要 Google Earthプラグイン)

フライトレーダー3Dにすると楽しい♪

フライトレーダーでは飛んでいる飛行機の情報が詳細にわかる!

・便名 – 便名が表示される。便名が割り当てられない自家用機などでは機体記号がそのまま表示されることもある。

・出発地/目的地 – 空港コードと都市名が併記される。ADS-Bから取得した情報ではないため、データベースの更新が間に合わずに全く違う出発地や目的地を表示する場合もある。

・Aircraft – 機種

・Registration – 機体記号

・Mode S – モードSトランスポンダのコード(16進数表示)

・Altitude – 飛行高度

・Vertical Speed – 垂直速度(上昇・降下率)

・Speed – 速度

・Track – 飛行方位。北を起点とした時計回りの角度で表示される。

・ Latitude/Longitude – 緯度・経度

・Radar – 当該機体の情報を受信しているレーダー名。レーダー名は近隣の空港コードを参考にサイト側が独自に割り当てたものであり、実際の航空管制で使用されるものとは関係がない。

・Squawk – スコークコード。なお、スマートフォン版においてはスコークコードを7700に設定し緊急事態を宣言した機体が現れたことを利用者に通知する機能がある。
航跡 – 地図上に選択中の機体が飛行した航跡が表示される。航跡の色は高度によって異なる。

参考元http://ja.wikipedia.org/wiki/Flightradar24

どのような仕組みで飛んでいる飛行機を捕らえているの?

Flightradar24上で利用されているデータは、航空機から発信されるADS-Bの電波を世界各地の有志が受信し、Flightradar24のサーバに転送したものである。

航空機(主として定期旅客便)はADS-Bという信号を地上の管制機関や周辺を飛ぶ飛行機に向けて常時送信している。ADS-BはGPSを使った測位システムに基づいていて、従来のレーダーよりも精度が高い。この信号は1090MHzで送信されていて、専用のレシーバーさえあれば誰でも受信できる。実際、これを24時間受信しているリスナーが世界中には大勢いる。flightradar24は、こういうリスナーが受信するADS-Bのデータをサーバーに上げてもらい、それをHP上で表示できるようにしているというワケだ。

地域によっては受信局がないために全く表示されず、ADS-Bを搭載していない、あるいは何らかの理由で使っていない飛行機は表示されません。

引退が近いジャンボ機の羽田〜那覇便をフライトレーダーで検索しても全く出てこないのは、ANALのB747にはADS-Bが搭載されていないからだと。

任務中の戦闘機等は当然ながら表示されないが、各国の軍隊によって運用されている政府専用機や一部の輸送機、空中給油機はレーダーに表示されることもある。日本国内では航空自衛隊所属の日本国政府専用機(ボーイング747)[3]や空中給油機KC-767がレーダーに表示されることがある。

また、アメリカ合衆国の大統領専用機(エアフォースワン)であるVC-25もレーダーに表示されることがある

ADS-Bとは?

航空機が絶えず、現在の位置と高度を放送するシステムです。

航空機のカテゴリ情報、対気速度、識別、航空機の旋回、上昇、降下などを、知らせる機能があります。

出典ADS-Bとは

ADS-Bはレーダーの様な物でより高い精度が有り、気象や交通などの色々な情報を提供します。ADS-Bは航空管制官や操縦士により精度の高い情報を提供する事で、上空や滑走路で航空機により安全な環境を提供します。

ADS-Bを搭載している航空機のADS-B内のトランスポンダーがGPSの信号を受信し、飛行中の航空機の位置を精密に測定。それを他の情報(速度、方向、高度、機体情報)と共に、他の航空機や管制官に送ります。 GPSの情報はレーダーよりも精密です。それに加えて、デジタル的に色々な情報を付加する事でレーダーと無線交信を中心とした航空管制よりもより正確で、より安全に、そしてより効率的な管制が可能になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加