最速100万ユーザー突破!"稼げるSNS" tsū(スー)が凄い勢いでWebを席巻してる

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

FacebookやTwitterのように気楽にコンテンツを投稿するだけでお金が稼げる!? アメリカ発の新SNS、tsū(スー)が今凄い勢いで成長をしています。

サービス開始直後から爆発的にユーザーを集める新SNS – tsū(スー)

三重県の県庁所在地ではありません。
「スー」と読みます。
これまでにない、投稿するだけで稼げるSNSです。

米新興企業 Unlock Tsuは10月21日(現地時間)、広告収入をユーザーと分け合う新しいSNS「Tsu(スーと発音する)」を立ち上げた

新SNS「Tsu(スー)」は、自分のページを見た人による広告収益が発生し、ユーザがお金を貰えるという画期的なサービス

SNS運営で得た広告費の9割が利用者に還元される仕組みの報酬バック型ソーシャルサービスということで、ネットビジネス実践者を中心に話題になっている

見た目や機能はフェイスブックのようなタイムライン式を採用しています

普段Facebookを使っている人なら、まず迷うことのないデザインで使いやすいのも魅力。

広告収入を還元という部分もあって、このSNSへ参加するユーザーは多くFacebookよりも10倍早く、Twitterよりも24倍早く100万人ユーザーを達成した

とにかく今、ものすごい勢いでユーザーを拡大しているようです。

なんと広告収入の9割をユーザーに還元

左図で言うと、例えばDavidの投稿で$100の広告収益が発生したとすると、
tsuが10%の$10、
残り$90のうち投稿者であるDavidが$45、
Davidを招待したCharlotteが$30、
Charlotteを招待したBrianが$10、
Brianを招待したAllisonが$3.33を受け取れる。

一見、FacebookのようなSNSに見えるが、画面右上に銀行のアイコンがあるように、アクティビティによって収入を得ることができる

Tsu(スー)は画面に表示される広告によって広告費を得ています。これらの広告をユーザーがクリックした場合に、Tsu(スー)の売り上げになります

従来のSNSは、そうした広告収益は100%がプラットフォーム側の収益となっていました。

Tsu内に貼られている広告で発生する売上高は、10%がTsu運営の取り分となり、残り90%がユーザのネットワークのものになります

「発生する広告収益はユーザが生み出すコンテンツのお陰である」という考え方から、収益をユーザに分配してくれる

「コンテンツ」と言っても、TwitterやFacebookのように投稿を行うだけです。

デフォルトで実装されているアナリティクス(分析)機能も、フォロワーが増えれば眺めるだけで楽しそう。

つまり、広告が取れるコンテンツを投稿するユーザーを招待すればするほどユーザーの収入が増えるし、TsuのSNSとしての魅力も高まるというわけだ

簡単に言えば、自分が稼がずとも、「他者が」稼いできてくれる

稼げるユーザーを招待できれば、の話ですけどね。

Tsuでは本名を出す必要もありませんし、基本的に個人情報を匿名にしておくことが可能です

tsuはFacebookのように実名登録必須ではないので、半信半疑な方は本名を使わず登録してみるといいかも。

このまったく新しい仕組みに多くの人がワクテカしてるw

Facebookなど従来のSNSは、広告収益の100%がプラットフォームのものになっていました。
tsuは、なんと90%をユーザーに還元します。

SNSで発信することには、沢山の人に見て貰える、多くの人と繋がれる!というメリットはありますが、金銭的な収益や、報酬が発生するものは今までありませんでした

TwitterもFacebookもミクシイも、どんなに投稿をしようがユーザーに対して収益が入ることはありません。
ですが、tsu(スー)であればただ投稿すれば良いということですからね。

一般的成功を超えて、インターネット広告とコンシューマー生成型メディアの業界における革命となりえる

与沢翼さんもオフィシャルブログで興奮気味にtsuを語っています。

まだ日本語には対応していませんが、ユーザーが増えればそのうち日本にも進出するのでしょう

日本語への対応が待ち望まれます。

登録は招待制

このSNSですが、初期のmixiみたく誰かの紹介を通じないと登録出来ないようになっています

正確には現在の所、tsuの登録には「何かしらの方法で既に登録しているユーザーのURLを叩いたら勝手に登録できる」

登録制といっても、すでに登録しているユーザーのURLからそのユーザーの招待として簡単に登録できます。
たとえば、「https://www.tsu.co/」の後ろに、友人などのアカウント名を入力すればその人の招待として登録できます。

サインアップ(登録)画面で、名前や表示名、メールアドレスなどを入力すれば登録が完了。

スマートフォンアプリも公開済み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加