グーグルの携帯電話サービスは利用者に嬉しい契約プランだった

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

Googleが通信キャリア2社と提携し、「プロジェクトFi(ファイ)」を開始すると発表したが、その内容が利用者に嬉しいサービスかもしれません。通信キャリア2社の違うネットワークを使い分けられたり、電話番号を他のデバイスとも共有するこも可能だという。また携帯電話料金を考えさせられる内容になっています。

グーグルは手頃な料金で高速な携帯電話サービスを提供

グーグルは22日、米国で独自の携帯電話サービス「プロジェクトFi(ファイ)」を始めると発表した。

Project Fiは、100万カ所以上の公共Wi-Fiと、大手キャリアパートナーの携帯電話ネットワークを利用する。

国内外で同社製の端末を使用する顧客に、大幅な通信料の節約を可能とするサービスだとしている。

Wi-Fiや2つのキャリア間の切り替え

電波の状況に応じて無料のWi-Fiやホットスポット、スプリントとTモバイルの間で切り替わるようです。

プロジェクトFiは国内の一部地域で利用可能となる。サービスは米携帯電話事業者スプリント とTモバイルUSの通信網を通じて提供される。

どちらかと契約するのではなく、2社の携帯電話ネットワークと自宅のWi-FiやWi-Fiホットスポットを含めて、Project Fi端末がより高速な接続を選択し、シームレスに切り換えながら高速で安定したデータ利用を実現する。

通話やテキストもWi-Fiをサポートし、通話もWi-Fiと携帯ネットワークの間でなめらかに受け渡される。

ネットワーク間の移行はスムーズに行われるため、ユーザーは切り替えを感じることなく通話やテキストメッセージを継続できるとしている。

電話番号を他のデバイスとも共有

Project Fi端末の電話番号はGoogle IDにひも付けられ、同じGoogle IDでGoogle Hangoutsを使用するAndroid端末、iOS端末、Windows PC、Mac、ChromebookなどでもProject Fi番号の通話やテキストが可能。

つまりどの端末からでも同じ電話番号を使って通話やテキストメッセージの送受信が可能です。

通信料の節約につながる


Photo by Image Source / Photodisc

顧客が実際に使用したデータに対してのみ料金を支払うシステムになる予定だという。

米国の携帯大手各社は国内通話のかけ放題サービスを提供しているが基本料金は40ドル以上が一般的。

データ通信は一定量まで定額としていることが多く、使い切らなければ無駄が生じる場合がある。

グーグルは、他社より安い基本料金20ドル(約2400円)で国内通話のかけ放題とするほか、データ通信は使った分だけ支払う従量制を採用し、他社との違いを打ち出した。

基本料金は20ドル/月。データサービスは1GBあたり10ドルで月単位で課されるが、未使用分が翌月に繰り越される。

たとえば3GB(30ドル)を契約し、ひと月で1.4GBしか使わなかった場合、未使用の1.6GB分=16ドルが翌月の支払いから差し引かれる。

また、データ通信料金は日本を含む海外約120カ国で使った場合も変わらない。

サービスはまず、グーグルの最新スマホ「Nexus 6」(ネクサス6)機種のみに適用される。

プロジェクト・ファイは米国の大半の地域で利用可能だが、現時点では招待を受けた人しか利用できない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加