【2週間】本当に身につけたい人に贈るタッチタイピング術!

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

ブラインドタッチは決して難しいモノではありません。意識的に練習と継続さえしていれば誰にでもマスターできます。

こころがまえ


Photo by BananaStock / BananaStock

やる気で頑張れば2週間ぐらいでマスターできます。

習得目安期間としては、1日30分の練習で2週間

仕事や勉強などにも今かなりパソコンが用いられる様になってきました。これからのパソコン生活では絶対にマスターしておくと便利な技能。


Photo by Jupiterimages / Brand X Pictures

この2つが重要!
キーと指の位置を覚える
平仮名の打ち方を指で記憶する

1. ホームポジションを覚える 1〜3日

ホームポジションと呼ばれるキーボードでの指の位置、キーを打つときの指の動きをきちんと練習する。

タッチタイピングで指を動かす際の基本となる「ホームポジション」です。それぞれの指は担当するキーが決まっており、人差し指以外はそれぞれのキーの斜め一列を打つのに使います。

いきなり覚えてスラスラ入力するというのは簡単にはできませんので、少しづづ心掛けていくといいです

だいたい覚えたと思ったら、イータイピングへ 1週間目

タッチタイプの練習は、決してキーボードを見てはいけません。ちらちらキーボードを見ながら練習していると、なかなか覚えられないからです。

早打ちを実際にやってみましょう。たくさん練習を重ねることが上達につながります。飽きないように楽しみながらタイピングの練習を。

さいごにひたすら寿司を食らえ 寿司打 2〜3週間目

大体のキーの配置を覚えたら挑戦してみるといいですね。
正確さ重視・スピード重視など、タイプ別で練習できる。

楽しみながら継続的に!


Photo by Digital Vision. / Digital Vision

最初は片手だけでも構いません。慣れてきたら両手でチャレンジしてみてください。

「目標を持って生きよう」という強い意志があれば、克服できることも多いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加