【SNS】Facebook企業ページを使って集客する6つのコツ

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

Facebookの企業ページをうまく活用出来ている企業はまだ非常に少ない。どのようにして今後FBを1つの集客手段として設計をしていくかの参考になればと思います。

Facebookは繋がりを深める事を非常に得意とするSNSです。
しかしながら、「一体企業としてはFaceBookをどう活用していいのやら?」
という人があまりにも多いと思います。

更新して、2,3人がイイネを押してくれたとしても、個人でやっている分にはいいかもしれませんが、企業ページとしては全く意味のないものになってします。

そんな中、企業ページをより良いものにするためのコツを
Facebookを集客に使う本/熊坂仁美(著書) という書籍から抜粋してみましたので
皆様1つの参考にしていただければ幸いです。

① 簡単に作れる「ライトコンテンツ」と力の入った「ヘビーコンテンツ」を織り交ぜる

理由:コンテンツの質と量が非常に重要!

ライトコンテンツは、ニュースを見て専門家的なコメントを更新。ヘビーコンテンツは、動画をおりまぜた楽しい解説!などがあげられる。

どちらも、

おもしろい、かわいい、ためになる、役に立つ、知らなかった、美しい、素敵、かっこいい、自分に関係がある

を意識すると、「いいね」が押されやすいので、その内容を意識するとよい。

②コンテンツにセールスの要素を入れ過ぎない

売りっけを出した瞬間ファンが激減する。
Fcebookほど、売り込みが効かないプラットフォームはない。

③ヘビーコンテンツを見せるには、必ずメールアドレスを登録させる

コンテンツの仕組化は必須。ただFBを楽しむだけではビジネスとして成り立たなかったりします。

④ブログ重視、毎日3-4記事公開し、リンクさせる

きちんと習慣的に更新しなければ、飽きられてしまいます。人間味をいかに出しながら更新していくことがポイントです。
ハブスポットは、中小企業向けマーケティングサービスを提供し、急成長(2010年:前年比売上350%増の2000万ドル)している。その理由は圧倒的なコンテンツを出しているから。

コンテンツに満足した人は必ず無料のお試しやフロント商材に流れていきます。

⑤Facebookにはコンテンツを置かず、自社公式サイトのショールームにし、管理

SNSではコンテンツを保有しない。全ての情報を公式サイトに置きます。

理由: 記事が消えてしまったり、サービス自体もいつなくなるか分からない。また、すぐに商品やサービスに近づける事が可能。

ビジネスとしての情報も全て集まっている公式サイトへ最終的にリンクさせる事でよりサービスの購買にリンクしやすくなる。

⑥コンテンツから無料お試しに誘導できるようにする

これをきちんと設計する事がまず先決です。ただ苦労したただけのページ、無意味なページにしないためにも、きちんと設計をしましょう。

———————————————————————————-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加