”最高の教育”の共有と創造─新しくなった「TED-Ed」が教育革命を起こす!(体験レポート付)

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

TED-Edが新しくなりました。新しい教育の形がここにあります。

はじめに

TED-Edを歓迎する人々の声

RT @JuiRamaprasad: very cool: TED-Ed’s New Video Tool Allows Anyone To Create Video Lessons Online fastcoexist.com/node/1679742 thx @jseelybrown!

RT @Tekwaan: Fantastic tool coming RT @pgsimoes: ‘Flip This Lesson’ From TED-Ed Wants You To Mashup Videos (cont) tl.gd/h6h5rp

RT @DavidSibbet: It’s happening–co-creation time!! TED-Ed’s New Video Tool Allows Anyone To Create Video Lessons Online | Co.Exist: World changing ideas and

@TED_ED is an amazing tool: create a lesson out of ANY YT video. Really worth investing time as a staff to understand: ed.ted.com

education.ted.com TED launches TED-ED. Nice!

RT @geoffwake1: RT @WiredUK: TED-Ed turns ideas into lessons, children into educators bit.ly/JwTlTS by @GeekDadGamer Nice model for techie resources!

TED a lansat #TEDEd – Lessons Worth Sharing! Nice, nice, nice 🙂 ed.ted.com @TED_ED

Flip this lesson! A new way to teach with video from TED-Ed wp.me/p10512-f4V via @wordpressdotcom #TED #TED-Ed

Such a wonderful tool! @TED_ED

ツイッターで調べたところ英語圏ではとにかく賞賛の嵐でした。
一方日本ではあまり知られていないみたいです・・・

TED-Edとは

TED(各分野における良質な講演会を毎年開催している団体)が提供する、オンラインで教育動画を提供するサービス。4月25日(米国時間)に新しくなった。

紹介動画

新しくなったTED-Edのサイトを紹介する動画

動画から分かることをまとめていきます。

サイトにある見出しの説明

サイトにはいくつかの見出しがあります。
それぞれの見出しについて紹介します。

・Series

学習者が自分の好奇心に任せて学習動画をさがすのに便利です。

・Subject

教育者が自分が教える科目に関連する動画を探すのに便利です。

・Recent Activity

学習者はここで自分が使い始めた教材を確認できます。

学習の進め方

動画では次のページを例にとって説明がなされていました。

せっかくなので簡単に体験レポートを書いていくことにします。
クリックすると次のような画面になります。

見づらいので下に再現してみます。
動画も実際に見ることができます。

Watch

Quick Quiz

Think

Dig Deeper

”Quick Quiz”を押すと次のような画面になります。

What is in between the nucleus and the electrons in an atom?
A: A jello-like goo
B: Protons and Neutrons
C: A mushy substance similar to pudding
D: Empty space

訳すと、

原子核と電子の間には何がありますか?
A:jello(ゼリー商品)のようなべたべたしたもの
B:陽子と中性子
C:プリンのように柔らかい物質
D:何もない空間
となります。

正解はDなので、Dを押します。
すると次のような画面が出てきました。

ちなみに他の選択肢を選ぶと次のような画面になります。

このように、動画を見て4択問題を解き、リアルタイムに正誤を確認できました。
この動画に関しては、問題は5問ありました。

”Think”を押すと次のような画面になります。
説明問題の解答を書き込むことができるようになっています。

”Dig Deeper”を押すと次のような画面になります。

このテーマについてより深く調べることができるサイトのURLなどが載っていました。

このように、動画をみるだけでなく、アウトプットの場を提供したりこれからの勉強についてもフォローしたりするという素晴らしい仕組みになっていました。

TED-Edのすごいところ

TED-Edのすごいところは調べればたくさん出てきそうですが、とりあえず今のところ分かっていることをあげていきます。

世界中の教育者やアニメーターがTED-Edに参加できる

サイトから登録することで誰でも教材を作ることができるようです。

世界中の教育者とプロのアニメーターが作った動画を利用できる。

逆に学習者からすれば、世界中のプロのアニメーターや教育者が作った動画を利用できます。

サイトがとても使いやすい

デザイナーが作っているのか、サイトではクールで使いやすいUIが使われています。

そして、最大、最高の特徴は・・・

これだけでもすごいですが、このサイトの一番革新的なのは次の機能です。

”フリップ(Flip)”という機能

プレスリリースではこの機能が次のように紹介されています。

このサイトで最も革新的なのは、「フリップ(Flip)」という新しい機能を使って、教える人がカスタマイズできるところだ。フリップ機能では、補助教材を編集したレッスンを、新しいプライヴェートなウェブページに表示できる。こうして作ったレッスンは、公開して、課題を行った生徒の進捗を記録できる。

つまり、動画を中心にレッスンを作成して、生徒の学習状況を記録したり、ほかの人が活用できるように公開したりできます。さらに、レッスンの作成にはTEDのコンテンツだけでなく、なんとYouTube上のあらゆる動画を利用できます。YouTube上にすでにあるたくさんの動画を使えるますし、自分でYouTubeに投稿することも可能です。
オンラインで公開されているMITの授業動画などをつかってオリジナルの”最高の教材”を作ることが可能なのです。

キーワードは” creating lessons worth sharing”

TED-Edのサイトによると、TED-Edが約束するのは” creating lessons worth sharing”、つまり共有するに値する授業を作り出すことです。
これはTEDが自らの使命としているのは”spreading great ideas”(すばらしいアイデアを広げる)の一つの答えとも言えるでしょう。

新しい教育の形

以上で述べてきたように”TED-Ed”は新しい教育の形を提供しています。
これからこのような形の教育が増えていけば、世界中の教育水準は格段に上がると思います。
私たちは、このような新しいシステムを受け入れて、自分たちに合った使い方を考えていくことが重要だと思います。
個人的には、”spreading great ideas”のような素晴らしい考え方を日本人の教育者が受け入れ、日本語でTED-Edのようなサイトができればいいな、と思っています。

リンク

関連まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加