こんなにあるの?!キッチンペーパーの使える裏ワザ

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

キッチンペーパー(ペーパータオル)を使った、便利な裏ワザを集めてみました。

キッチンペーパーの種類

天然パルプ素材の厚手で丈夫な特殊構造のペーパーなので、油分や水分をしっかり吸収して保持。丈夫なので落し蓋や出汁取りにも使えます。
リードの使い方いろいろ→http://reed.lion.co.jp/howto/cooking.htm

レギュラーサイズ(箱入り)は40枚で210~250円くらい

リードといえば、油キリだけだと思っていませんか。
アク取りや電子レンジで温野菜の調理、肉や魚のドリップとりなど実は8つものヘルシーな使い方があるんです。 リードを使ったちょっとしたひと手間で、普段の食卓をおいしくヘルシーに仕上げられます。幅広く使えて便利なリード!みなさんもぜひ使ってみて下さい!
http://reed.lion.co.jp/8ht/

最も一般的なキッチンペーパー。280枚分で150~200円とリーズナブル。水切りや油きり、掃除に使いやすいが、濡れると破れやすいので落し蓋や出汁取りには不向き。

濡らして絞っても破れないほど丈夫。すすいで3~4回使用できる。使用後はスポンジ代わりやシンク掃除に使って、最後まで使いきれる。材質はパルプ以外にレーヨン、ポリエステルも含まれている。
40枚入りで250円前後。
クックアップの用途→http://www.unicharm.co.jp/cookup/useful.html

新幹線のグリーン車で配られているおしぼり「めんです」と同じ素材のクッキングシート。紙(パルプ)ではなく綿(コットン100%不織布『オイコス』使用)のため、紙より10倍強い。
料理研究家の辰巳芳子さんも推奨。
56枚入りで380円前後。
https://www.nisshinbo-textile.co.jp/products/oikos/mendesu.html#cooking

落としぶたや温泉卵、蒸し物に使うなど、加熱調理する時はリードやクックアップが便利。
それ以外は一般的なキッチンペーパーで。
常に2種類用意して、使い分けるのが経済的。

お料理編

出典nanapi.jp

1:キッチンペーパーに油揚げを包む
2:電子レンジに入れて1分加熱
3:油揚げが冷めたら、キッチンペーパーを押して油揚げの油を吸い取る

1.小鍋に2.5センチぐらい水を入れてお湯を沸かす
2.その間にキッチンペーパーを2枚重ねて、卵をつつんでおく。
3.お湯が沸騰したら「火を止めて」2の卵セットを静かに静め、ふたを閉めて15分待つだけ
4.15分たったら、水かけて冷ませば出来上がり

http://cookpad.com/recipe/767817

豆腐をキッチンペーパーで包み、耐熱皿にのせてラップをかけずに加熱します。600Wなら、1分40秒くらいが目安です。

1.キッチンペーパーをまんべんなく湿らせ、広げて対角線上に塩をふったさんまを置く。角を順に折りたたんで全体を包む。

2.トレーなどにのせ、冷蔵室に入れて10〜15分以上おく。
焼く直前にとり出して、キッチンペーパーをはずす。

※必ずキッチンペーパーを取り除いてから、焼いてください。

http://www.setuyaku.jp.net/technic/other/sanmanokawa.html

肉まん、あんまん、シュウマイなど、濡らしたキッチンペーパーで包んで、さらにラップで包んでチンする

「リード」などの丈夫なものがおすすめ。

1.とうもろこしのヒゲなど不要なものを取り除く(皮はついたままでOK)
2.適度に濡らしたキッチンペーパーでとうもろこしを巻く
3.そのままレンジに入れて、6分チン

出典nanapi.jp

1.キッチンペーパーの上に海苔を置きます。
2.キッチンペーパーと海苔で手早く具材を巻いていきます。2/3まで巻いたところで、海苔とキッチンペーパーでぎゅっぎゅっと少し強めに中身を押し込めるようにまとめます。
3.2/3まで巻いたところで、内側に入り込んでいる部分のキッチンペーパーを外して、残りの部分を巻き上げたら出来上がりです。
http://nanapi.jp/58127/

リードクッキングペーパーで濡らして、くるんで、チンするだけで簡単料理。
リード以外のクッキングペーパーだと、水分が足りないこともあるので注意。
http://reed.lion.co.jp/nurakuru/index.htm

出典ameblo.jp

三角形に折りたたんだキッチンペーパーをストックしておくと、フライパンに油を薄くひく時や、油の多い料理の油を吸い取らせる時などに便利。カリカリベーコンなども、さっと三角ペーパーで油を吸い取れば簡単。
作り方→http://ameblo.jp/double-kids/entry-11209477663.html

ベーコン4枚は細切りにし、ペーパータオルを2枚ひいた回転台(ターンテーブル)に広げて、ラップをしないで1分30秒レンジにかけます。

http://www.yamasa.com/recipes/895/

にんにくをみじん切りする時は、キッチンペーパーを1/4の大きさに折って、その上でみじん切りすると、まな板に臭いがつかない。にんにくもそのままお鍋に移動できる。
しょうがのみじん切りでも同様に。

イカの皮むきは、キッチンペーパーを使うと、すべりにくく皮がむきやすい

出典ameblo.jp

フォークで肉を押さえ、スジは滑り止めにキッチンペーパーで掴んで引っ張ると抜ける

ポテトサラダなどのじゃがいもを茹でて、むく時に

オクラ、長いも、さといもなどぬめりのある野菜を切るときは、キッチンペーパーを濡らしてまな板の上に広げその上で切ると、まな板にぬめりが付かず、切った後もそのまま食材を移動できる

1.野菜を洗ってザルで水をきる
2.清潔なポリ袋に洗った野菜を入れる。一緒に清潔なキッチンペーパーを数枚入れる。
3.袋の口をしっかり握って、ブンブン振る。破れない程度にひたすら振る!風船みたいに空気満タンが◎
4.キッチンペーパーを取り出して完成。

http://cookpad.com/recipe/2304614

キッチンペーパーを四つ折りにして、角を折り、台形にして使う。
http://yamaneco.i-ra.jp/e265946.html

出典nanapi.jp

キッチンペーパーをセットしたペットボトルをガラス瓶に差して、油こしに使用。
http://nanapi.jp/54615/

出典ameblo.jp

ザルの上にキッチンペーパーを広げ、プレーンヨーグルトを乗せる。一晩でヨーグルトの水分が抜け、クリームチーズのようになる。
そのまま食べても、お料理に使ってもいいが、パックにもいいらしい
http://ameblo.jp/catherine08/entry-11077246875.html

卵の上からキッチンペーパー等をかぶせ、形を整える。

フライパンに直に食器などを入れて蒸し器としてして使う時、キッチンペーパーを1枚敷くことで、傷が付くのを防止できる。
リードなどの、丈夫なキッチンペーパーがおすすめ

ケーキやクッキーを焼いた時「今すぐ1枚だけレースペーパーが欲しい!」と思ったことありませんか?そんな時・・・・ キッチンペーパーで作っちゃいましょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/plumeria9999/10247470.html

保存編

出典nanapi.jp

洗ってよく水気を切った野菜を、キッチンペーパーに包んだ上でナイロン袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保管すると長持ちする。
http://nanapi.jp/87663/

1.レタスは1枚ずつ洗って水を切り、お好みの大きさにカット。面倒なら切ってから水洗い。
2.タッパにキッチンペーパーを敷き、しっかり水切りした1を入れる。
3.上から再びペーパーをかぶせ、蓋をして冷蔵庫へ。必要な時に使う分だけすぐに盛り付けできちゃいます。

http://cookpad.com/recipe/2370815

1.ゴーヤは縦半分に切ったり輪切りにして、スプーンで中のワタと種をしっかり取り除く。
2.一つずつキッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存する。
3.これで1週間はパリパリを保てるが、途中でキッチンペーパーは取り替えて。

http://cookpad.com/recipe/2336640

石づきを取って、洗い、タオルやキッチンペーパーで拭き、乾いたキッチンペーパーや布巾で包んでその上からラップで巻く、もしくはタッパーに入れて冷蔵庫で保管

http://kinokonojikan.com/matsutake-1894.html

キッチンペーパーできゅうりを包み、さらにビニール袋に入れるかラップで包む

出典nanapi.jp

濡らしたキッチンペーパーで包み、さらにラップで包む

http://nanapi.jp/1169/

生のまま保存するハーブや葉物は、保存容器に水でぬらしたキッチンペーパーで包んで。
ハーブ類はそのまま、青ネギなどはまとめて小口切りにして。
こうすると、そのまま冷蔵庫に入れておくよりも、比較的長くシャキッと保存できます。
使用するたびに、キッチンペーパーは新しいものに交換するとより長持ちします。

http://www.ntv.co.jp/queen/blog2/2013/01/post-119.html

芯をくり抜いたレタスの穴の部分に湿らせたキッチンペーパーを丸めて詰め、ラップで包むかポリ袋に入れて冷蔵庫へ。(できるだけ早く使いきる。 )

ボイルした(茹でた)カニを保存する時も

1. 水で湿らせたキッチンペーパーでくるみます。
2. ビニール袋にいれ、そのまま冷凍保存します。

買ってきた天カスは、キッチンペーパーを敷いた容器に移して保存する。
時々キッチンペーパーを交換すると食感も風味も長持ちする。
http://cookpad.com/recipe/1220991

出典nanapi.jp

キッチンペーパーを、はさむだけ。「滑り止め効果」もあるので、震度4までの揺れならば滑落防止効果も期待できます。

お掃除編

キッチンペーパーを使って、まな板を漂白する方法

タイルやゴムパッキンに生えてしまったカビには、キッチンペーパーをあてた上からカビ取り剤をスプレーして、10分程おきましょう。

床掃除用のワイパーなどに、消毒用のアルコールを含ませたキッチンペーパーをつけて拭くなどして、天井を消毒する事によって、カビの胞子を退治する

http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20130529.html

キッチンペーパーに洗剤を染み込ませ、貼り付けたあと、上からラップで密封する

http://www.c-shimura.co.jp/blog/2010/04/post-37.html

松居一代さん考案のお掃除道具「マツイ棒」
キッチンペーパーを割り箸に巻きつけ、輪ゴムで固定するだけ(しっかり固定しないと抜け落ちる)
手の届かないこまいことろや、隙間のお掃除に活用

美容編

出典ameblo.jp

カリスマニューハーフ 岡江美希さんおすすめのパック法です。
クッキングペーパーは「リード」を使ってください。
詳細→http://ameblo.jp/shopc-daisuki/entry-10041078604.html

出典slism.net

キッチンペーパーは保水性に優れているので、市販のマスクシートに劣らない効果が得られそう。
http://slism.net/beauty/the-skin-care-that-skin-is-moistened.html

1.まずはシャンプー後の濡れた髪を軽くブラッシングしてから水気を取ります。タオルで髪を押さえるように乾かします。この時、ゴシゴシと乾かさない事がポイントです。

2.キッチンペーパーで髪に残った水気を取ります。鎖骨くらいの長さのミディアムで2枚くらいが目安です。タオルだけでは取りきれない水気を簡単に取ることができます。

3.トリートメントウォーターを髪全体に吹きかけ、成分を髪の内部に染み込ませるようにもみ込みます

4.ドライヤーを使って乾かします。7割ほど乾いたら冷風に切り替えて、8割ほど乾いたらドライヤーを使うのをやめてください。
http://josei-bigaku.jp/beauty/tuyagami3838/

出典nanapi.jp

1.清潔なスプレー式ボトルにボディーローションまたは化粧水を入れ、背中にスプレーする
2.キッチンペーパーにボディーローションをたっぷり浸し、背中に貼り付ける
http://nanapi.jp/99451/

用意するのはキッチンペーパーと輪ゴム4個、ホチキス
くわしい作り方は→http://sonaeru.jp/provision/report/p-30/

関連まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加