お腹がゴロゴロする前に…教えてくれる装置ができた!

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

トイレが無いときに限って、お腹がゴロゴロしちゃうことってありますよね?そんな危機的状況をすくってくれるデバイスがあるらしいんです。

お腹痛い…大波が来る前に通知するデバイスが出来た!

あの「ヤバイヤバイ…」とお腹が痛くなるピンチを救ってくれる?

出典dfree.biz

こんな感じで、「10分後に出ますよ~!」って通知される。どういう仕組なの…。

普及すれば、電車に乗っている最中に急に便意が……という状況を避けられるようになるかもしれない

5月から予約を開始し、12月に日本とアメリカで出荷予定

価格は現在199ドル(2万3000円程度)、結構高いっすね…。

開発を決心したのは実体験から

開発をしたベンチャー企業の代表は、ある実体験から開発を決意したそうです。

私もうんこを漏らしたことがあります

ベンチャー企業、トリプル・ダブリュー・ジャパンの代表が、事業内容説明で告白したそうです。

事前に分かっていればそんなことにはならなかったという思いから開発

予知されただけで、すべてに対処できるわけではないのは間違いないが、最悪の事態を避けられる可能性は格段に高くなる

どういう仕組で便意を予知するの?

大きさは万歩計くらいらしいですが、外から便意を予知することなんか出来るんでしょうか?

お腹に貼ることで、超音波センサーで膀胱や直腸をモニタリング

デバイスはスマートフォンアプリと連携し、モニタリング結果を基にアプリが排泄時間を予知

アプリは便通の記録帳にもなっているので、女性はとくに重宝するかも

カレンダーで記録を見ることもできるそうです。

“介護”の手助けになる画期的なデバイス

1人の介護士が20~30人を見ているが、便漏れがあると3~4人がかかりきりになる

開発にあたって、介護士さんからは、あらかじめ新聞紙を敷けるだけでも助かるという声をいただいているそうです。

排泄介助が必要な人に対する活用が期待されている

ちなみに、うんちを管理するアプリはもうあった

なんてピンポイントな

うんちの色や形、大きさ、匂い、お腹の張りを記録し、それらの状態から健康度合いをスコアとして表示

結構具体的な情報を入れるんですね(^_^;)

驚くほど人気を集めており、これまでに13万ダウンロードを達成している

健康管理アプリは多々ありますが、排泄分野はウンログがほぼ独占しているそうです。

記録によってポイントがたまり、Amazonギフト券やiTunesカードと交換できる「ログポ」制度を設けている

まさか、うんちでポイントが貯まるとは…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加