【上手に書く必要なし】ツイッターで自分を磨く日記の書き方

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

今まで日記を書こうとしても続かなかった人で「毎日書くことが無い」という人も多いはず。けど、それは上手に言葉にしようとしているからかもしれません。むしろ起こったことを行動記録のように日記に書いていくことで自分の行動を振り返る素晴らしい日記を書くことができます。今日から書いてみてはどうですか。

参考にしているのはこの本

日記の書き方


Photo by Digital Vision. / Digital Vision

その日の行動を時系列で書いていくというもの。
その際に、場所や時刻を明記する。
なぜなら、場所を一緒に書くことで、日記に書いていないようなことを思い出すカギになりやすいため。

なんで時間を記入するの?


Photo by Brand X Pictures / Brand X Pictures

時間を記入することで、移動時間等で時間が消費されているのかを把握し、余っている時間や無駄にした時間を振り返ることができます。

重要なのは日記を読むということ


Photo by Jupiterimages / Brand X Pictures

心の中にある理想的な自分像などではなく、等身大の自分を見つめるということが重要です。未来の自分を作るためにはまず現在の自分を直視するのが大事で、そのための手段として、日記が非常に有効。

文章能力が付く等ほかのプラス効果も


Photo by 81a/Photolibrary / Photolibrary

ただ単に、事実を書いていくだけでも、文章能力が付いたり、考えをすべて書いておけば頭の中の整理ができて余分なことに脳の処理を使わなくて済むようになります。

けど、やっぱり面倒?


Photo by Brand X Pictures / Brand X Pictures

時間と場所を細かく書いていくのは面倒ですね。

そこで、TwitterとEvertnoteを使ってみよう!

参考の本が書かれたのは2004年でTwitterの概念がありませんでした。しかし、現在はTwitterを使うことで時間と場所を管理しやすく、スマホでいつでも日記を書いていくことが可能に。さらに、Twitterでのツイートを1日分まとめてEvernoteに送る機能もあるので利用すれば、簡単に日記管理が可能になります。

1日分のツイートをEvernoteへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加