Facebookを利用する上で注意、Facebookの危険性についてまとめ

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

Facebookには危険が沢山あります。Facebookで注意すべきことをまとめました。ただで受けられるサービスには理由があるのです。本当に怖すぎるので、友達と共有しとこう。

Facebookで写真を「友達の友達」に公開すると、インターネット上に写真が出回ります。しかも、自分が気がつかないうちに。

Facebookの友達100人だとすると、友達の友達は100×100で10000人です。

「友達の友達」に公開すると、1万人公開と同じ事になり、ネット上全体に公開とあまりかわりありません。

Googleで自分の名前を検索すると・・・自分のFacebookのプロフィール・写真が出てくる事実

あなたのFacebookの名前は、GoogleやYahooで検索可能

SNSにおける個人情報の取り扱いに関して激しい論争が巻き起こっているが、きっかけは、フェースブック会員のプロフィルが最近、グーグル(Google)やヤフー(Yahoo!)など一般の検索エンジンで閲覧できるようになったことだ。

自分が公開しなくても、友達に自分の写真が「勝手に公開」される事が良くあります。

友達の友達は1万人。1万人はほとんど知らない人ばかり。ネットに画像が流出しても、自分ではわかりません。

Google検索で、あなたの顔、名前が出てきます。そして、それはインターネット上でTwitterプロフィールなど知らぬ間に他人に利用される可能性があります。

Facebookで公開した写真が、知らない人の「Twitterやブログのプロフィール写真」に使われる事件が数多く発生しています。

自分以外の人がFacebookで見つけた写真を「この人イケメンだから使っちゃえ!」「この子かわいいから使っちゃえ!」とTwitterやブログのプロフィールにする事件が多発中です。

自分だけの写真ならまだしも、他の人と一緒に撮影された写真を公開すると、友達に迷惑がかかる事があります。

友人の中には、写真を公開されたくないと思っている人もいるかもしれません。

自分が公開しなくても、写真は友達に勝手に公開されている場合があります。

フェイスブックで就職ダメに(本人は気づかない)

イギリスのある調査では、アンケートに回答した企業経営者の半数が、就職希望者の未熟な面をフェースブック上で発見した場合、採用を見合わせると回答した(酒におぼれたエピソードや不法行為の写真、文法の間違いなど)。

新入社員のみなさん、これから社会で名刺交換する相手は結構な確率で貴方の名前をグーグル検索するので、大学時代のアッパーなブログは消しておいた方がいいですよ。世界で唯一の真実です。

フェイスブックの情報は、全て米政府の監視下にある

フェイスブック上の情報は、全て米国CIAの監視下にある事実

「マインドコントロールを密かに実行することで、大衆は自らネット上にメールや写真、電話番号などの個人情報を提供する。フェイスブックこそ我々がネットを開発した目的であり、このシステムにより全世界の個人情報収集が可能となる。これでCIAの長年の夢がかなった」

CIA長官補佐 クリストファー・サーティンスキー

フェイスブックの情報は、全て国家に提供されている事実

情報収集作戦のコードネームは「PRISM(プリズム)」。収集対象には交流サイトでやりとりされる電子メールや写真、映像、文書などが含まれ、九社の中枢システムから直接情報を入手しているという。

 情報収集に応じていた九社は、フェイスブックのほか、グーグルやマイクロソフト、アップル、スカイプ、ユーチューブ、ヤフー、AOL、パルトーク。

Facebookの情報は、E-mailなどと共にアメリカ政府が全て検閲している事が明らかになっています。

フェイスブックから政府に渡されるあなたの全ての情報

フェイスブック社は8月27日(米国時間)、2013年前半に世界全体で約38,000人分のユーザーデータを各国政府に開示したと発表した。

日本政府に対してもフェイスブックの情報を開示

フェイスブックは15日、2014年7月~12月に世界各国の政府から寄せられた利用者情報の開示請求についての報告を公表し、日本政府から利用者の情報の開示を求められ、初めて応じた

フェイスブックCEOの家族写真が流出

元CEOも、友達限定のつもりが、全体に公開してしまった!

写真が流出したのはフェイスブックの元マーケティング責任者で、ザッカーバーグCEOの姉のランディ・ザッカーバーグ氏。友達限定のつもりで26日に掲載した家族の写真が、なぜか登録購読者全員に公開されてしまった。本人の手違いが原因なのかどうかは不明。写真には、トレードマークのフード付きパーカーを着たザッカーバーグCEOも写っていた。

フェイスブックの友達情報は、アプリを使うと全てダウンロード可能

このアプリを使うと、友だちが自分でプログラムをインストールしたかどうかに関わりなく、その友だちに関する以下の情報を引き出すことができるのだ。:ユーザーID、名前、性別、誕生日、自己紹介、現在地、出身地、プロフィール専用URL、顔写真のURL、出身高校、最終学歴、勤務経験、アフィリエーション。  

FriendCSV開発者によると、これら13項目以外にも引き出せる情報はまだあるという。Facebookがユーザーに持ち出しを禁じているプロフィール情報は連絡先情報(メールアドレスなど)ぐらいに思えてくる。

凶悪犯罪、ストーカー事件にも利用されたFacebook

ストーカー殺人でFacebookを利用

神奈川県逗子市小坪6丁目の自宅で、三好梨絵さん(33)が元交際相手の小堤英統(こづつみひでと)容疑者(40)=東京都世田谷区=に刺殺された事件で、小堤容疑者が交流サイト「フェイスブック」や「ツイッター」などを駆使して三好さんの動向を探っていたとみられることが、捜査関係者などへの取材でわかった。

フェイスブックの書き込みから住まいや生活を特定

神奈川県逗子市で昨年11月、女性が元交際相手の男に刺殺された事件は、典型的なケースだった。県警によると、事件後に自殺した男はフェイスブックの写真や書き込みから住まいを特定しようとしたほか、女性の生活ぶりを探っていた。

「Facebookの写真」から住所や勤務先の特定も可能

その多くは、スマートフォンなどで撮影した写真付きだ。食事に限らず、お店や旅行先で、こうした投稿をしたことがある人は多いだろう。

しかしこうした何気ない投稿も、ネットストーカーにとっては格好の餌食だ。問題は写真についている「ジオタグ」(GPSによる位置情報)。環境や設定によっては、このジオタグで写真を撮影した場所が特定される危険性がある。

もちろん一度行った店の場所が特定されただけでは、それほどの実害はないかも知れない。しかしそれが積み重なっていけば、よく行く店の場所などから、住所や勤務先などがどんどん絞り込まれてしまう。

フェイスブックの友達リストから削除したら、恨まれて殺害された事件も

米テネシー州で先月、フェイスブックの友だちリストからある女性を削除した夫婦が、自宅で殺害されるという事件が起きた。警察当局が9日明らかにした。 地元警察によると、夫婦の遺体は自宅で発見されたが、2人とも頭を撃たれ、夫の方は喉をかき切られていた。妻の腕の中にいた生後8カ月の乳児は無事だったという。

鈴木沙彩(18)さんが、フェイスブックで知り合った池永チャールストーマスにストーカーされた上で殺害されました。

フェイスブックで知り合って女子高生の殺人事件に発展

警視庁によると、池永容疑者は「鈴木さんとフェイスブックを通じて知り合った」と供述した。交際からトラブルに発展した可能性があるとみられる。

Facebookのセキュリティはヤバイ

1つ目は、あきれるほど低レベルのセキュリティの穴があること。

2つ目は、知人を語った悪意あるサイトへの誘導

3つ目が、セキュリティ対策の希薄なモバイルデバイス上での感染が広がっていること。

フェイスブックで、「乗っ取り」「スパム」「有害サイトのリンク」「あなたの友達になりすましてメールする」などの被害が数多く報告されています。

アカウントの乗っ取りが簡単に出来る

FacebookのログインIDはメールアドレスもしくは携帯番号です。メルアドを友人のみに公開している人も多く、いったん友人になってこれを集めまくればあとはパスワードだけ分かれば侵入できます。
(中略)
パスワードを推測して当てはめてアタックして侵入する方法がフツーですよね(ブログラムで組み合わせを何万通りも作って当てはめる)。メルアドを「友人の友人」までに公開している人なら、Facebookの友人が悪意を持ったIDと友人になれば同じ危険性があります。

Facebookで登録したクレジットカードが不正利用された!

先日、クレジットカードの明細をWebから見たら、身に覚えがない請求がありました。

facebookから2日間に渡って1回1万円くらいの決済が50回ほどされてました。
つまり50万円くらいですね。
(中略)
facebook広告を出したことがあり、カード番号を登録している人です。

皆が実は怖がっている!フェイスブックのセキュリティ

「ソフォスのアンケート調査では、セキュリティ上、最もリスクが高いと感じるソーシャル・ネットワークを尋ねたところ、『フェイスブック』と答えた人が81%にも上った。

「友人」から送られてくるスパムメールやメッセージ

Facebookスパムメッセージは友人から友人へと広がり、数十万人ものファンへと拡大していくのです。そして、すべての友人を送信対象に「招待」をしてしまうような、危険なページに誘導されたりします。

こうした誘導は、ほとんどの場合何らかのオンライン詐欺に関係していると考えられます。

あなたの出身地、居住地、生年月日には「商品」としての価値がある

最大の特徴は実名登録を基本としていること。出身地、居住地、生年月日など、ユーザー本人の情報を登録するので、個人情報をネット上にオープンにすることになるのです。

欧米においては、既に就職、転職の時に人事担当者がFacebookを調べているそうです。

Facebookの個人情報は、自分の知らない所で売買されている

フェイスブックやグーグルのグーグルプラスなどのソーシャ・ネットワークが盛んな今の時代、個人の活動についての情報を集める営利企業は日常的に、詳細な情報を第三者と共有したり、蓄積したり、広めたりしている。

その結果、個人情報が売り買いされる社会の中で生きる個人にとって、一つの問題が浮上している。それは、自分の情報がどこに流れるのか予測ができなくなった今、どうやって秘密を守るか、という問題だ。

あなたがFacebookにあげているかもしれない膨大な情報

フェイスブックでは、これだけ多くの個人情報が筒抜けになっているのを知ってました?

フェイスブックで筒抜けになる個人情報とは?

・写真
・趣味
・誕生日
・性別
・生年月日
・宗教
・出身地
・家族情報
・友達情報
・出身大学と学歴、職場
・思想
・日頃の生活の質
・職場の環境と職業と地位から推察される年収
・思想と家族
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ほか沢山

あなたは、気がつかないうちに「商品」としてFacebookに売られています。

個人情報は、1つのページに集約されて、商品となり、Facebookの収益に結びつきます。

銀行、証券会社の本人確認は、「住所、生年月日」ですよね?
住所・生年月日を知ると、誰でもあなたに「なりすまし」出来ます。
ネットの本人確認も、生年月日、Facebookから推測した「秘密のキーワード」で可能に

誕生日が流出すると、本人確認で悪用されます。

『ホーム』の左側のコラム
『イベント』フィルタをクリックし、『誕生日』を選択します。

その月に誕生日になる人の一覧が見れます。

フェイスブック上のアプリの危険

フェイスブックのアプリは、危険なので使わない!

スパムアプリに感染しないためには、フェイスブックのアプリを使わないことが最善の策だ。友達にゲームアプリなどを薦められても、できるだけ利用しないようにしよう

フェイスブックのアプリに登録すると、知らない間に友達の情報、メールアドレスなどが漏れて、迷惑メールが急増したりします。

フェイスブックが実名制の本当の理由は広告主

実名はフェイスブックが広告主に販売しているサービスの根幹

フェイスブックは実名での利用を徹底することで安全性を高めることができるとしている。実名はフェイスブックが広告主に販売しているサービスの根幹でもある。つまり、フェイスブックは実在する利用者へのアクセスを売っているのだ。

「無料」で使えるFacebookの時価総額は数兆円

フェイスブックの利用は無料。このため収入のほとんどは広告からです。フェイスブックは実名での登録が基本で、多くの利用者が勤務先、出身校、生年月日、趣味などを公開しています。このため、スポンサー側からみれば、ターゲットを絞り込んだ効果的な広告を打つことができるわけです。広告収入はこの2年間で4.1倍に増えました。

この2人の総資産は、フェイスブックの株式5000億円とも8000億円とも言われています。あなたの個人情報が知らない間に販売されています。

フェイスブックはユーザーの個人情報を売ってはいないが、それで稼いでいる。昨年は1会員当たり約7ドル(約720円)の収入を得た。

日産などフェイスブックに企業広告を取りやめる会社も

日産をはじめ、いくつかの企業の広告が差別発言(ヘイトスピーチ)を書き込んだページに表示されたことが、問題となっている。

米メディア『Automotive News』やネット版『The New York Times』紙によると、日産は差別発言を書き込んだページの横に自社広告が出ないと保証されるまで、フェイスブックへの広告掲載を見合わせることにしたという。

フェイスブックが「欲しい!」というユーザーに要らないボタン

個人情報筒抜けの「欲しい」ボタンがリリース予定

米フェイスブックは現在、ユーザーがインターネット上で欲しい物を見つけた時に押せる「Want(欲しい)」ボタンのテストを小売業7社と共同で進めている。一部には、同社が電子商取引(Eコマース)市場に本格進出する足掛かりになるとの見方もある。

いつの間に?!ブランドもニュースもあなたの「友達」に

フェイスブック上のニュースフィードは、もともと友達が何をしているか知るためにあった。しかし、フェイスブックの成長とともに同僚が「友達」になり、突如としてブランドまでもが「友達」と考えられるようになり、いまやニュースフィードはあまりにも複雑で、管理するのが面倒な代物になってしまった。

いいね!で無意識に友達に詐欺商材を紹介している危険

実は、怪しい業者がよく行なう手口として、イイ話を投稿して多くの「いいね!」やシェアを獲得した後、投稿内容を差し替える、というものがあります。例えば、うさんくさい内容のマニュアルを高額で売りつけるいわゆる“情報商材”や、アダルト系サイトといったものの宣伝などです。

すると、自分としては、イイ話に「いいね!」をしたつもりだったのに、気がつくと詐欺のような内容の商品紹介や恥ずかしいサイトの宣伝に対して「いいね!」をして友達に広めていた、なんてことに。

いいね!を分析するだけで、あなたの属性が筒抜けになる

FB上で個人情報を「非公開」に設定していても、利用者がクリックした「いいね」を分析すれば、その利用者の年齢や性別、知能指数、人種や宗教、性的志向、政治的信条などが、かなりの確率で判明するという興味深い研究結果を英の名門ケンブリッジ大学が発表したのです。

Facebookで勝手に公開されはじめた自分の閲覧履歴

恐ろしいYahoo!ニュースオープングラフ機能

ヤフーは6月14日、「Yahoo!ニュース」でFacebookへのアクティビティの自動投稿が可能になったことを発表した。

この機能を利用することで、Yahoo!ニュースの記事を表示させるだけで「Yahoo!ニュースの○○の記事を読んだ」という自身のアクティビティが、自動的にFacebook上の友人のウォールに表示されるようになるという。

何を見たかが、友達に全て筒抜けになる可能性があります。

Mobli、Viddy、Socialcamといった動画共有サービスは、既にOpen Graphを採用しており、10秒以上動画を見たり、いいね!やコメントを投稿すると、その時点でFacebookに勝手にシェアされます。

動画共有サイトは悲劇の源になるでしょう。実際に、先日「Socialcamを使っている友だちが、恐らく本人は気付かず、セクシーな動画を見ていることをウォールで共有していた」という悲劇的なエピソードを聞きました。

「山田 太郎さんは Socialcam で AKBの動画 を見ています」とか勝手にシェアされるわけですね。

銀行口座の「秘密の質問」はFacebookで推測可能

英国の男が、隣人が Facebook に投稿した個人情報からパスワードを推測して、彼らの銀行口座から 35,000 ポンド (約 55,000 ドル) を盗み出すことに成功しました。
(中略)
そして Facebook や Friends Reunited (英国大手の SNS) で得たヒントをもとに、記念日、最初に通った学校の名前、母親の旧姓などの本人確認のための質問への答えを推定して入力します。

「無料でこんなに楽しいfacebook。だけどその対価として個人情報をどんどん提供しています」と警告した雑誌「Newsweek 日本版 2012.2.22号」

知り合いかも?で知り合いに属性が筒抜け

共通の友達、職歴・学歴、所属しているネットワークを持つ人

あなたと「共通するメールアドレス」をアドレス帳内に登録している人

フェイスブックにラップを投稿すると逮捕される

Facebookにラップを投稿して逮捕され、懲役20年の可能性

ダンブロジオ容疑者は学校をサボってネットサーフィンなどをしていて、Facebookに(自分のラップ)投稿を行いました。これを目にしたメシューエン高校の生徒が学校当局に知らせて、学校から警察に通報が行われたという流れで、その日の昼過ぎにダンブロジオ容疑者は逮捕されました。

ラッパーを目指していた高校生のキャメロン容疑者は、「everybody you will see what I am going to do, kill people.」というラップの歌詞を気軽に投稿して、通報されて逮捕されました。

大金の写真をFacebookに投稿したら強盗がやって来た

お金に関する事をFacebookで公開すると、身に危険が迫る可能性がありそうですね。

Facebookに大金の写真を投稿したら、強盗がやって来た――オーストラリアでそんな事件が起きました。

 事件が起きたのは5月24日。17歳の少女が祖母の貯金を数えるのを手伝った際に、多額の現金の写真をFacefookに投稿しました。その数時間後、少女の母親の家にナイフとこん棒で武装した2人組が押し入り、少女に現金のことを聞こうとしたそうです。しかし少女はおらず、お金も祖母の家にあるため、強盗は少額のお金を取って逃げていったとか。幸い、けが人は出ませんでした。

 強盗がどうやって母親の家を突き止めたのかは不明ですが、少女がFacebookに場所を特定できるようなことを書いていたのかもしれません。

個人の顔写真が広告として利用されるという話も報道されている

外部サイトの広告で、写真や名前が使われるよ!

つまり、外部サイト上に表示される広告に対してプロフィール写真や名前を使い「あなたの友人の◯◯さんがいいねと言っています」という表示が可能になるということのようです。

デフォルトではその機能が「ON」になっています。
この機能は簡単な3ステップで変更が可能です。気になる方は変更しておきましょう。

広告の設定で「非公開」を選択しておく必要がある

(1)このFacebookの広告設定ページにアクセス
https://www.facebook.com/settings?tab=ads

(2)外部広告の設定をクリック

(3)非公開を選択

今の段階では、日本語向けに「友達」「非公開」しかありませんが、今後「公開」が追加される可能性があるという事です。

Facebookの危険を知らせる動画

アプリのアクセス許可は、超危険

あなたの基本データへのアクセス

友達の名前、プロフィール写真、性別、ネットワーク、ユーザーID、ともだちリスト、また全員に公開しているすべての情報へのアクセス。
自分の基本情報と同様の情報へのアクセスを許可している。この事例の場合、アプリが友達の名前を使って診断を行うものであるので、この情報へのアクセスは必然性があると考えられる。

メールの送信

ユーザーのメールアドレスの情報を渡し、アプリの開発元がそのメールアドレスにメールを送信することを許可している。Aさんがスパムメールが届くようになったことと関係している可能性がある。この事例の場合、開発元がメールアドレスを収集する必然性は少ないといえる。

ウォールへの投稿

自分のウォールにアプリが投稿をすることを許可している。
これを許可したため、アプリ利用後に自動的に診断結果がAさんのウォールに投稿されることになった。

Facebookの危険と怖さに関するTwitterの意見

Facebookがガチで怖い件。友達の友達に妹いてこれまたもう...
バタバタTwitter、Ustreamとの関連を切って書き込みを友達以外閲覧禁止にした。

Facebookには妹の知らない俺がいるからな。これは隠す方が確実に良い

久しぶりに友人からメールが来たと思ったら、Facebookやろうよ!という内容だった。 取り敢えず登録してみたら、友人かも?というところで出てきたのがリアルに知ってる人で、なにこれ まじ怖い

my space とか instagramとかも自分の創作を披露するんでなく人のを「いいね!」するためだけに登録しようかと思ったけど、なにやらFacebookにつながってしまったり、いろいろ怖い

知らない人の写真にコメントしちゃいそうになったからFacebook怖い

やっぱ、Facebookって怖い・・・

Facebook…なんか何時の間にか友達申請送ってて怖い…そして全く知らない人なのに承認してくれてる人、ありがたい…

Facebookのシェア?のレベル友達の範囲までって共通の友人にしか公開されないって認識でよかったっけ?プライバシー的なあれでしんぱいになった

本日エーグッドで開催されているのは、Twitter講座とFacebook講座。どちらも今、個人でも、ビジネスでも情報収集や活用にメリットもたくさん。大人気♪もちろん危険性や注意点も学べます。本日の講座も 満員御礼です<m(__)m>

ウトウトしながらのFacebook危険!知らん間に誰かに友達申請してしまってる!

んーfacebookとtwitterを見ていたら。ん?と思うことがあった。。。まぁ深追いは危険そうだ。

Facebookなぜか自分を招待している・・・。意味わからん?何もしてないのに勝手にメールしてるってどういうこと?まじ危険だわ(--;他にも送ってるのかな?送った履歴とかないのか??

Facebookの利用者も減少に

2013年1月の結果は、40か国中13か国で利用者の伸び率が鈍化したという。この中で日本は前回から170万3420人減で、10.97%のマイナス。海外でも英国は23.53%、韓国が12.02%、米国も2.11%とそれぞれ減少している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加