iPhoneで撮影?サムスンのイベントに来た中国人はサクラだった

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

「Galaxy」を販売しているSamsung(サムスン)が新機種イベントを中国で行ったらしんですが、まさかのサクラを雇ってヤラセをしていてそうなんです。Galaxyってそこそこ人気あるはずなのに、なんでこんなことしちゃったのかな…。

サムスンがイベントに”サクラ”を使ってた!?

あのSamsungが中国でのイベントでサクラを使っていた!?

サクラは”iPhone”でGALAXYを撮影してたw

いやいや、そこはちゃんとサクラに注意しとけよ!

「Galaxy」のお披露目イベントだったのに…。

日本でも発売される「Galaxy S6」のイベントで、なんでやっちゃたのかなぁ…。

1,000人以上とされる参加者のおよそ半数がサムスンによって雇われた ”サクラ” でだった

いくつかグループがあって、全部で400~500人はいたそうです。

イベント参加の理由を聞かれた場合は「サムスンのファン」、あるいは「S6に興味がある」と答えるよう言われていた

ショックでGalaxyを落としちゃうよね…。

サムスンは中国でのマーケットシェア獲得にかなりのプレッシャーを感じていた

中国のiPhoneシェアは27.6%に達していて、どうしても良いイメージの宣伝をしたかった。

折角のイメージ戦略も ”やらせ” だと発覚してしまえば逆効果に過ぎない

バレなければ良いと思ったんでしょうけどね…。

ここまで徹底する?サクラには厳しい条件があった

イメージ戦略のために、細かいルールを決めていたようです。

主に学生を中心とする30歳以下の人を募集

専門業者を使って、30歳以下で学生に見える外見を持つ人を集めていたようです。

1時間イベントに参加すれば、30元(約580円)の報酬があった

SNS「WeChat」でサムスンの広告ページに写真や名前、電話番号をアップすれば50元(約970円)も支給されたそうです。

厳しい条件で集めた少人数の「エリート集団」も存在した

「エリート」は15分滞在するだけで50元が受け取れたそうです。

サムスンの”ヤラセ”には前科があった

台湾の地元企業「HTC」をサクラで批判してたらしい。

HTCに対する匿名の中傷やステルスマーケティングについて調査

インターネット上に「消費者の声」として自社製品を褒め、競合メーカーであるHTCの製品を中傷する書き込みを行った

「やらせ」は2007年頃から行われていたそうです。

サムスン製品のネガティブな評価の削除なども行われていた

イメージ戦略に必死ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加