【新居】一人暮らしは「畳の部屋」が最高だ【引越し】

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

日本で畳を床材として使用するようになったのは鎌倉時代です。それ以前の畳は、ゴザのような簡素なスタイルで、座布団のように使っていたと言われています。現在の日本の家屋は洋間が増え、畳の部屋は少なくなりつつあります。

◇畳の良さを見直そう

日本で畳を床材として使用するようになったのは鎌倉時代です。それ以前の畳は、ゴザのような簡素なスタイルで、座布団のように使っていたと言われています。現在の日本の家屋は洋間が増え、畳の部屋は少なくなりつつあります。

ですが畳には、洋間のようなフローリングでは得られないメリットも多く、その価値が見直されてきています。洋間に畳を敷いた和洋折衷の部屋も少なくないほか、一部分だけに畳を敷いた部屋も多く存在します。

畳の歴史を追っていくと奈良時代まで遡ります。日本文化は中国から伝わったものが数多くありますが、畳は日本で生まれたものです。

◇畳は湿度を調節してくれる

畳に使われる自然素材の「いぐさ」には、夏の不快な湿度を吸収してくれる効果があります。また、空気が乾燥する冬場には、蓄えていた水分を放出して部屋の乾燥を防いでくれます。

畳はいわば自然素材の一種であるため、自然素材のメリットのひとつである調湿機能は畳にもしっかり備わっています。

◇香りによるリラックス効果

自然素材のいぐさから発せられる芳香には、リラックス効果を得られるフィトンチッドという成分が含まれています。畳から発せられる香りによって、癒し効果や安らぎを得られるという仕組みです。

フィトンチッド(phytoncide)とは、微生物の活動を抑制する作用をもつ、樹木などが発散する化学物質。植物が傷つけられた際に放出し、殺菌力を持つ揮発性物質のことを指す。

◇断熱効果

畳には空気を含む機能があり、蓄えられた空気の層によって、熱を逃がしにくくなります。夏は暑さを遮断する働きをして、冬は外の冷たい空気を遮る断熱材の働きをするのです。

断熱性と保温性に優れているため、冷暖房が効きやすいという効果もあります。

◇遮音効果

畳に含まれる空気は、音を吸収する効果があるため、畳には足音や騒音が響きにくいという特徴があり、集合住宅の床材にも適しています。

イ草に含まれる空気が音を吸収するため、畳の部屋は遮音性が高くなります。イ草は衝撃音をやわらげる効果もあるため、足音が響きにくいメリットがあります。

◇燃えにくい

畳の大部分は稲わらで作られており、圧縮された稲わらは簡単に燃えることはありません。火災になりにくい点は、日本のお寺や文化財を焼失から守る役目を担っています。

実は子どもの遊び場として最適な和室。畳にはフローリングと比べてクッション性があり、音を吸収する効果があります。

◇畳のメンテナンスは定期的に

畳はダニやシミが発生しやすいため、こまめに掃除機をかけたり、拭き掃除をするのがいいでしょう。また、10年に一度くらいは交換する必要があるでしょう。

畳をくるりと裏返しにすれな、両面使用することができます。3年に1回くらいは、ひっくり返すのが理想。

畳床も含めて畳全体を新品に取り替えます。適度な弾力性がなくなったり、凸凹が激しくなったりしたら新調してください。

境を変えてもダニが発生するようでしたら、防虫シート紙や畳加熱乾燥といった方法もありますので、畳店へご相談ください。

◇動画でみる「畳のメンテナンス」

人が住まない家は老朽化が進むのが早いといわれます。畳などが腐って入れ替えが必要になることも。

◇動画でみる「畳ができるまで」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加