ライバルに差をつける時間節約術・・「時は金なり」

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

時間は誰にとっても平等、だからこそ使い方により差がつきます。時間を有効に使って、人生を豊かにしましょう。

▼ まず最初に・・

今日やる事をリスト化する

こうするだけで次に何をするか迷ったり、忘れることもなく効率的な時間の使い方が出来ます。優先順位を決めてこなしたり、時系列ごとに仕事を進めやすくできるのもメリットです

To Do リストを作成する・・
携帯を使って作成&管理しても良い

TO DO リストを作成する

いわゆる行動チェックリストの作成。しかも一度作って放置ではなく、必要があれば逐次更新する。そのためにもデジタル式の媒体(携帯電話など)の方が運用はしやすい

同時にデッドラインも書く

デッドラインの設定

各作業のデッドラインを設定し、その期日を極力守るようにする。明確な目標を設定することによってプレッシャーはかかるものの、遵守率は高くなる

▼ 午前中を有効利用!

集中出来る朝や昼前にやる

仕事は朝と夜なら朝にした方が効果が高い

午前中の使い方が大切!

午前中の集中力を有効活用

人間の脳は、午後になると集中力が低下するため、仕事の能率は下がっていきます。人間の体温は起床時から上昇し、午後14時に最大となり、その後は低下するためです。

体温の上昇次期に脳の働きがよくなります。ということは、集中して仕事ができる時間帯は、「午前中」です。午前中に、集中力や創造力を要する仕事をすれば、一日の仕事を効率的に進められます

▼ 新着チェックは程々に・・

新着チェックの間隔をなるべく大きくする

メール、チャット、Twitter、Facebook の新着チェックの間隔をなるべく大きくする。メールやチャットのチェックは、あまり頻繁にやりすぎると効率が良くないです

新着チェックは程々に・・

▼ その場でできることはすぐやる

「その場」「その時」に処理する

可能な限り「その場」「その時」に処理する努力をしよう。そうすれば情報の鮮度が高いうえ、手間をかけ過ぎないで済むから、短時間処理が可能となる

▼ 面倒なことは一気にやってしまう

面倒なことを一気に片付ける

面倒な事は先延ばしにしがちですが、意外とやってみるとスイスイ進むものです。モチベーションが上がらないと思った時も、始めてみれば思ったほど苦痛ではありません。面倒な事は一気に片付けて予定を終わらせてしまいましょう

面倒な事は一気に片付ける

イヤなことの先延ばしは止める

「つまらないこと」を先に手がけることで、「これが終われば次に自分の興味深い作業に取り掛かれる」というポジティブな心境で作業をすることができる。逆に後回しにしてしまうと「このあとには、あのイヤな作業をしなきゃならないよ」という思いにかられ、好きな作業の効率も落としかねない

▼ スキマ時間にできることを用意しておく

いつでも出来ることを用意する

待ち時間などに出来ることを用意しておくと、無駄な時間を有効活用することができます。手帳を持ち歩いて暇な時に明日やる事を整理するなど外でも出来る作業をいくつかまとめておきましょう

スキマ時間にやるといいでしょう

机の整理整頓

いざという時にすぐに必要な文具を見つけ出せるように、机の上を整理しておく。さらにデスクトップやメールソフトの受信メールフォルダーもきれいにまとめ上げておく

時間別のスキマ時間活用術

▼ 無駄なことはしない

面倒なものや不必要なものは断る

面倒だけど断れないからやるしかない。電話を切りたいけどダラダラしてしまう。やらなくてもいい事は思い切って断りましょう。これだけでも不必要な時間を使わなくて済むようになります

やらなくてもいい事は思い切って断る

無駄なものを見ない、やらない

そこまで見たくないテレビや映画、何度も確認しなくてもいいホームページなど無駄なものを見ている時間は意外と多いものです。本当に見たいテレビや映画以外は見ないことでも毎日の時間をかなり多くすることができます

■ 参照

  • このエントリーをはてなブックマークに追加