グーグル激おこ。iOS9の広告ブロックに世界中が揺れている

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

iOS9が先週リリースされましたが、中でも注目の広告ブロック。世界中で波紋を呼んでいる様子です

早くも反響スゴいiOS9の広告ブロック

iOS9のSafariはアプリ経由のアドオン方式で広告ブロック掛けたらGoogle検索系AdWordsは完全に表示されない pic.twitter.com/47kArFqHqH

左が広告ブロックを入れてない時。右が入れた時

広告消すブロックしたらガジェショがマヌケな感じになってる pic.twitter.com/Y5YeSQqaph

広告だけキレイになくなってる…

アップルの広告ブロックは、通報ページまであるのか… pic.twitter.com/72OlGucaOh

とりあえず広告ブロックアプリ入れてみた。画像広告がサクッと消えた。それから、G+のソーシャルボタンが消えた。

G+だけ消えてるのがアップルの意図を感じる…

nanapiとかも広告消えてるな・・・NetGeekとかもしんでる。 iOS9の広告ブロック、普及したらちょっとばかし大波乱かもしれんな。

さらに広告ブロックアプリ「クリスタル」を入れると、4倍近く速く読み込め、データ使用量も53%少なかった

こちらは広告ブロックを入れた時(右)と入れなかった時の読み込みを比較したGIF

さらにはグーグルのアクセス解析もブロックか

どの時間にアクセスしてるかなどがわかる「Google Analytics(アナリティクス)」

広告ブロックで広告成果の管理ツールでもあるGoogle Analyticsまで遮断されてしまった

これでは簡易タイプのA/Bテストなどもできず、グーグルに堂々と喧嘩を売った格好

※A/Bテストとは、サイトのクリック率の比較のこと

広告を売りにするグーグルとの真っ向勝負に


SAN FRANCISCO, CA – SEPTEMBER 9: Apple CEO Tim Cook introduces the new iPhone 6s and 6s Plus during a Special Event at Bill Graham Civic Auditorium September 9, 2015 in San Francisco, California. Apple Inc. unveiled latest iterations of its smart phone, forecasted to be the 6S and 6S Plus. The tech giant is also rumored to be planning to announce an update to its Apple TV set-top box. (Photo by Stephen Lam/ Getty Images)

アップルの狙いは、ライバル・グーグルの利益を阻害しつつアップル自身の売上には全く響かないこと

というのもアップルは、自身の収益に直結するアプリ内の広告ブロックは容認しない方針だ

※アップルはアプリ内で創出された売り上げの30%を受け取っている

少し前には広告ブロックの実態が明らかに

調査会社が8月に発表した広告ブロックの実態

広告ブロッカーを利用している人は世界で約6%だが、前年同月から40%も増えている

損失額は来年には90%増の約5兆円に達すると見積もられている

iPhoneの広告ブロックがさらにダメージになると見られる

この事態に海外では訴訟問題にまで発展


Photo by Chris Ryan / OJO Images

メディアへの影響も避けられず。

アメリカのネット広告業界ではこの機能への訴訟が検討されている

あるニュース広告の大手は広告ブロックしているユーザーには、メディアのコンテンツを一斉見させないようにする強硬策も検討

広告ブロック大手サービスの「Adblock」

ドイツの大手メディア各社は広告ブロックを提供する企業への訴訟を相次いで起こしている

人気ソフト「Adblock」を相手取った訴訟だが、立て続けに敗訴と広告ブロックの存在が認められつつある

ただ、アップルに関しては、、

アップル自身がやってるわけではない

Safariにアプリを追加することで、ブロック機能が追加される

アップルは広告ブロックのアプリを自ら供給してるわけではなく、iOS9内のブラウザで機能するアプリを容認したまで

広告ブロックしてるのはあくまでアプリ

iOSの広告ブロックはアプリ入れないとダメなんだ。ってゆうか、広告ブロックアプリに対応したってことなのか。 pic.twitter.com/NgUjDz3L4w

そのため「Crystal」などのアプリを入れる必要がある

一方のグーグルも対抗策を出してきた!

※あくまで開発者向けのものですが

グーグルがなんと、iOS9アプリの広告ブロック機能を回避するコードを公開

しかし、アップルの広告ブロックは名目上はセキュリティ保持のためで、グーグルのこの姿勢には収益の優先との声も上がった

ただ、肝心の広告業界からは冷静な意見も

「わざわざ有料アプリいれてまで広告ブロックする」人に広告を見せても、どうせクリックしないし、コンバージョンしない(お客さんじゃない)だろう、というのも当然ありますね。いいじゃないですかスマホ広告押し間違えクリックが減って。かえってよいことなのでは?

”広告ブロックする人は、始めからお客さんじゃない”

ではどんな人たちが、アドブロックされて困るのでしょうか?それは効果があるのかないのかわからない広告を、ただそれを見たかもしれないという、PVとかいう歴史的な広告指標で広告費用を発生させている人たちではないでしょうか?とか、一応言ってみるw

“困る人は広告指標をPVにしている人たち”

iOS9の広告ブロック界隈でざわざわしてるけど、Appleの真意は
「サイトをアプリ化しろ、そしてiAdでAppleに金払え」だろうに。
広告表示しないと内容見せないというイタチごっこ考えるより、
専用アプリ作ってそちらに誘導したサイトが勝つと思うわ。

“(アプリの)広告はグーグルからアップルに変えようって話”

アドブロックはいる→広告クリック数が減る→広告枠の取り合いが増える→クリック単価が上がる→広告主が掲載出向先サイトを選別するようになる→クリックのための配置をしているサイトを弾く→見やすいサイトは評価される→オケ屋が儲かる

”業界の中でお金は回る”

要は広告ブロックを使う人は「詳しい人」に限られるわけで、そういう人はそもそも広告押さない!!

加えてWebメディアが「広告ブロックアプリをいれよう」って自殺記事書くわけないので、たいした騒ぎにはならない気がします

ただ、今後拡散が広まりアプリのインストール数が増えていくようであれば対処は必要だろう

iOS9から完全じゃないとはいえ広告がブロックできるようになり、アフィリエイト関連も厳しくなるんだろうね。じゃあどこで収入を得るかといえば、広告主から宣伝料もらって記事を書く方向になっていくと思う。となれば、当然「PR外し、ステマ」が横行するんだろうなあ。

“昨今の問題であるPR外しに繋がる”とも

マーケットの内と外が完璧に別れてるならそうだけど、現実はそうじゃないからなぁ。今まで特に意識せず広告踏んでた人も、周囲が「広告ブロック便利」みたいな流れになったらそっちに傾くだろうし、確実に取りこぼしは増えるよね。

“この話題からある程度は広告ブロックに流れる”と見る人も

限られた顧客で利益を求めるタイプと数を刻んで利益を求めるタイプとあると思うけど、後者に対しては少なからず影響が出てくる、それが拡大してしまわないか不安というのはあるけど実際はよくわかってないし、メディアや広告屋はこういう壁にぶつかって乗り越えてまた強くなるから自然な流れかもねw

“メディアはこういう壁にぶつかってまた強くなる”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加