読書の習慣を身につけたい人が心がけたい5つのこと

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

今まであまり本を読んでいないけど、本は読んだ方がいいよなぁ…と感じている人が心がけたい5つのことをご紹介します。

本を読もう!今からでも遅くない!!


Photo by Stockbyte / Stockbyte

読書をしたいけど、今まで習慣になっていないことを始めるのは勇気がいることですよね。

でも読書はその1歩を踏み出す価値があります。

インドの全財宝をあげても、読書の楽しみには換え難い

エドワード・ギボン

書物を読むということは、他人が辛苦してなしとげたことを、
容易に自分に取り入れて自己改善をする最良の方法である。

ソクラテス

すべて良き書物を読むことは、
過去の最もすぐれた人々と会話をかわすようなものである。

デカルト

習慣はすべて後天的なものであり、
幸いにも悪しき習慣は取り除くことができる。
つまり、十分な時間と労力をかけて学ぶことを厭わなければ、
誰でもどんな習慣でも身につけることができるのである

ブライアン・トレーシー

1. とにかく読み始め、合わなかったらためらわずに次の本に移る


Photo by Jupiterimages / Brand X Pictures

読み始めてつまらない時、それで読書自体を嫌いになってしまうのはもったいありません。

時間は有限です。

合わないと思ったらさっさと止めて、読む価値のある本を読みましょう。

良書を読むには悪書を読まぬことを条件とする。
人生は短く、時と力とは限られているから。

ショウペンハウエル

読書の技術は、よろしく適当にとばして読むことである。

ハマートン

人生はすこぶる短く、静穏な時間はごく少ないから、
我々は価値無き本を読んで時間を浪費すべきではない。

ラスキン

友を選ぶが如く、著者を選べ。

ロスコモン

まず第一級の本を読め。
でなければ、それを読む機会を全然もたなくなるかもしれぬ

ソロー

2. 1日1回は読書をする時間を作る


Photo by DAJ / amana images

忙しくて本が読めないと思っているとしたら…それは本当ですか?

通勤時間、夜寝る前の30分、会社の昼休み、早朝のカフェ、授業の合間、インターネットをやっている30分…時間は作れるはず。

1日に1回は読書時間を作ろう。

読書の時間を大切にしなさい。
一冊の本との出会いがあなたの生き方を
変えてくれることだってあります。

ジョセフ・マーフィー

私は、時間がなくて本も読めません、
という弁解を、絶対に信じない。

塩野七生

時間の価値を知れ。
あらゆる瞬間をつかまえて享受せよ。
今日出来る事を明日まで延ばすな。

チェスターフィールド

3. 読書仲間を見つける


Photo by Goodshoot / Goodshoot

1人で続けるのがなかなか難しい時は仲間を見つけるのが1番です。

面白かった本の話など情報交換することで自分自身の読書へのモチベーションもアップします。

人間は一人で変わるわけじゃないから。
変わるとしたら、一番近くにいる人間の影響を
受けるのが普通じゃないかしら。

堂場瞬一

怠け者だったら、友達を作れ。
友達がなければ、怠けるな。

サミュエル・ジョンソン

4. 読書の記録を付ける


Photo by Ryan McVay / Photodisc

読書をしたらそのままにするのではなく、何を読んで、どうだったのか、記録を付けましょう。記録を付けることによって読み方自体も深まります。

書を読んで考えないのは食べて消化しないのと同じ。

エドマンド・パーク

本を読むことが、読書なのではありません。
自分の心のなかに失いたくない言葉の蓄え場所を
つくりだすのが、読書です。

長田弘

目的のない読書は遊戯であって、読書ではない。

エドワード・リットン

読書は単に知識の材料を提供するだけである。
それを自分のものにするには思索の力である。

ジョン・ロック

読書系SNS、Webサービスもオススメです。
☆で5段階評価を付けたり、読了日の記録ができます。

5. 読書をして思ったことは実行に移す


Photo by Stockbyte / Stockbyte

読んだだけでは意味がありません、色々感じたこと、やりたいと思ったことは実行しましょう!

それも「いつか」ではなく「今」すぐに、がポイントです。

読書は学問の手段である。
学問は実践への方法である。
実地に臨み経験を積んでこそ、勇気と力が生まれるはずである。

福沢諭吉

読書というものは、それ自身目的ではなくて、
目的のための手段である。

アドルフ・ヒトラー

知識に経験が加わってはじめて、
物事は『できる』ようになるのです。
それまでは単に「知っている」にすぎない。

稲盛和夫

読書関連おすすめのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加