簡単に壁をオシャレに飾りたい!手作りウォールステッカー【賃貸住宅でもOK 】

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

簡単にしかも安価で作れるウォールステッカーやウォールアートの作り方・貼り方・作品画像集です。材料は100円ショップやホームセンターで手軽に購入できるものばかり!貼ってはがせるので賃貸住宅でも大丈夫♪自作ウォールステッカーで気軽にお部屋をアレンジしましょう☆(マスキングテープ・百均アイテム)

●ウォールステッカーの作り方●

●カッティングシート
●はがせるスティックのり(あまり粘着力のない安いのりでもOK)またはマスキングテープ
●デザインナイフ
●カッターマット
●転写シート(リタックシート)
●図案(型)

カッティングシートは100円ショップでもインテリアシールとして売っているところもあります

カッティングシート、スティックのり、デザインナイフ、カッターマットは100円ショップでも購入できます。
大きいものはホームセンターやネットで購入しましょう

写真のような線のイラストでもシルエットでもOK!

後ではがすので写真の「貼ってはがせる」タイプのものか、普通ののりを甘めに貼る。

シルエットの場合はマスキングテープで留めても大丈夫♪
線のイラストの場合、マスキングテープだとカットするときにずれてしまう恐れがあるので“のり”の方が良いかも

カッティングシートのいちばん下までナイフを入れるのではなく、力加減を調整して薄い紙(カッティングシートに貼られているもの)は切らずに残す。するとバラバラにならない

このときに目や口などの位置を調整して、好きな表情に変えても。

細かい部分はどうしても途中で場所が動いたり剥がれてきたりしますが、このタイミングで調整すれば大丈夫☆

空気が入らないよう、転写シートの上から定規などでこすってからシートをはがす。

●貼りつけるときのコツ●

●剥がすときのコツ●

ドライヤーで暖めて粘着面を柔らかくしてから剥がしましょう。
壁紙を傷つけずにうまく剥がせるようになります。

●もっと手軽にシールでウォールステッカー●

・フリーカットシール用紙
・カッティングマット
・デザインカッター

シール用紙にお気に入りのイラストを印刷して、カッターで切って壁に貼るだけ。

小さい画像を拡大して印刷するときには、輪郭がギザギザになるのでなめらかに加工するソフトを使うと良いかもしれません。(フリーソフトでもあります)

数百円で楽しめるのが良いですね。

●自作ウォールステッカーの作品●

●マスキングテープでウォールステッカー●

・型紙
・マスキングテープ
・カッター
・カッティングボード

型紙とマステがずれると、出来上がりの位置がずれてしまいます。
が、型紙と合わせるのは面倒くさい作業でもあります。
このシカの場合、緑の線あたりまで型紙としっかり合わせておけば、その後はマステ同士の端がきちっと合うようにつけていくことで、だいたい思った位置での仕上がりになります。

※途中形がわからなくなった時は型紙を合わせて確認して下さい。

幅の広いマステは便利だけれど値が張るので、普通の幅のものを貼りあわせて作りました。
隙間なく貼り合わせるのがポイントですよ。

●マスキングテープでのウォールステッカー作品集●

  • このエントリーをはてなブックマークに追加