クローゼットや押入れの収納力をUPさせる方法

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

クローゼットや押入れって油断すると物で溢れてしまいますよね。特に1Rの場合はそこまで大きなものではなかったりするので、使い方に工夫が必要です。そこで、少しでも収納力をアップさせる方法を調べてみました。

収納の基本技

服を吊るすときは、丈の長さ順に並べていく

床との間にできたスペースを有効活用できます。

衣類は立てて収納する

立てて収納すると出し入れしやすく、平置きよりも約2割多く収納できます。100均のブックエンドを使うと便利です。

つっぱり棒で吊るすスペースを倍に

つっぱり棒で裏側にも吊るせる仕掛けをプラス

斜めに重ねながら洋服が吊るせます。また、バッグなども吊るして収納が可能です。

ワードローブの2段使い

短い上着とスカート(ズボン)を2段に分けて収納することで容量もアップ。

押入れ上段を、強力突っ張り棒でクローゼット化

押入れ上段にハンガーがけの洋服を収納できます。つっぱり棒は、耐荷重量が少なくとも15kg以上のものを選びましょう。

小物やアクセサリーの収納

ドア裏を使ってアクセサリーやベルトなどの小物を収納する

ウォールポケットやハンギングフックを取り付けて活用しましょう。

壁面にコルクボードでアクセサリーをつる

収納ケースを置くスペースを節約できますし、服とのコーディネートもしやすいですね。

収納する上で気をつけておきたいこと

「定位置管理」をおこなう

クローゼットの衣類ゾーンに「生活用品」が混在しているなど、収納する場所が毎回バラバラだとモノで溢れてしまいます。

手の届かない場所にはあえて収納せず、空けておき、そのぶんモノを減らす

すべての空間を100%利用しようと、パズルのようにぎっしり詰め込むと、取り出すのはいいのですが、しまいにくくなります。

ダンボールの使用は、湿気を吸いやすいので避ける

衣替えでしばらく使わないという場合にも、ダンボールを使わず、ある程度密閉性のある箱に入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加