日本待望!Appleの「iTunes Match」が使えそう?

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

アメリカでは以前からありましたが、日本にようやっときたiTunes Matchについてまとめてみました。

Appleのサービスが日本に上陸した

アップルは5月2日、iCloudを経由して音楽の共有ができるサービス「iTunes Match」の提供を日本で開始した

アメリカでは、2011年から提供していた

ミュージックライブラリー全体をiCloudに保存し、最大10台のMacやiTunesインストール済みのWindows、iPhoneなどで再生できる

具体的になにがすごいの?

CDからリッピングした楽曲データなど「iTunes Store」以外で購入した楽曲についても、「iCloud」上で管理できる

今まで出来なかったのが不思議とも思っちゃうけど、これができるようになったのは大きい

最大2万5000曲がiCloud上に保存できるので、ユーザーにとってはiPhoneなどの容量に関係なく聞けるようになる

全てネット上に保存できるため「あの曲PCにしか入ってないや…」といったことがなくなる

「自分のPCにあるiTunesライブラリを持ち歩ける」から「自分の音楽ライブラリすべてを持ち歩ける」ようにした

つまり、クラウドに自分専用の大容量iPodを作ってしまえるということ

また、CDからiTunesへ取り込んだ曲の音源が悪い場合、iTunes Storeに同じ曲がある場合は、高音質に変換されてアップされる

なおiTunes Store に無い楽曲はそのままの音質でアップされる

レンタルCD&iTunes Matchのコンボの話は、いままでレンタルCDの分だけで終わってたのが、iTunes Matchからもお金を貰えるようになるので、たぶん、配信側としては、余分にお金が貰えてうれしいってことなんじゃないですかね

契約するかしないかは、人それぞれの様子。

iTunes Match が日本で開始されたけれどもその実、利用者は 1) CDをストックできるだけの購買力とスペースがあり、2) Mac/PC も持つことが当然の世代で、3) iTunes Match へ支払うクレジット を持っている事から多分30代超えのおっさん軍団。

iTunes match、ほしいと思ってたのだけど、近年聴いてるのはみんなiTunesで買った曲ばかり=既にcloudに乗ってる。気づけばめっきりCDを買って無いので、iTunes matchのメリットを受けられなそうなことに気づきました

買ってインポートはしたけどまだiPhoneに入れてない松本さんのNew HorizonをiTunes Match使えばすぐ入れられるな思ったけどiTunesStoreで配信してないやww

CDで買うのはiTunesで配信されてない曲が多い…

itunes match、itunes storeで購入した音源以外は25000曲まで保存可ってあるけど、手持ちの音源33000曲でitunes storeから買った曲どう多く差し引いても30000曲以上はCD等からのインポートだからもう容量足りないんだけど…

つまり、iTunens storeから毎回曲をダウンロードしていた人は、契約する必要がない。一方、CDなどから音源を入れてた人は2万5000曲まで入れられるっていうこと

グレーゾーンの著作権問題も、使用料で回避している


Photo by Ablestock.com / AbleStock.com

CDから取り込んだ音源だけじゃなく、ネットで落とした音源も取り込んでくれる

仮にローカルにある楽曲が不正に入手したものであっても、ノーチェックでiTunes上の正規コピーが利用可能になっている

こういうリスクも含めてJASARACおよび原盤権者から許諾を取ったと思われる

楽曲の再生回数に基づいて権利者に使用料が支払われる仕組み

違法に入手した音楽ファイルであってもiTunes Matchを通すことで権利者に分配される

これまで1円にもならなかった中古や違法コピーだって真っ当なお客様の1人として永続的に使用料を得られるモデル

iTunes Matchで得られる著作権者への使用料ってのは多少でもおいしいよなぁ。今までだったら曲を買ってくれた時とかカラオケとかそんなんの使用料だけだったのに、iTunes Matchで再生されるたびに小銭が入る。これすごいな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加