iPhoneっぽい!『Apple自動車』の予想デザインがカッコ良すぎ

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

「Appleがクルマを作ったらどんなデザインになるのか?」こんな趣旨のデザインコンペに集まった作品が素晴らしすぎると話題になっています。

◆以前から噂されていたアップル社による「自動車開発」

「アップル自動車」ができたら、その名称は Apple Car?それとも iCar?

これまで、コンピュータの分野で数々のイノベーションを起こしてきたアップル。この次に狙っているのは自動車と噂されている。

アメリカに本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業。一般的にアップル(Apple)と呼称される。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。

◆しかしそれは噂ではなく実際に行われてるプロジェクトだった。その名も『アップル・タイタン計画』

2020年頃、アップルはEVを発売することを目標としたのが『タイタン計画』。

EV:電気自動車(electric car)。Wall Street JournalやFinancial Timesなどは2月中旬、Appleが「Titan」という秘密のプロジェクトに取り組んでおり、ミニバンに似た自動車を設計していると伝えていた。


Photo by Chad Baker / Photodisc

開発の初期デザインはミニバンに似ているような形をしているとのことで、電気自動車を開発しているという噂の研究所はアップル本社から数マイルほどのところにあるそうです。

数百人の従業員がそのプロジェクトに取り組んでいる。

電気自動車を開発するために”自動車業界から社員を引き抜く”ということもしており、メルセデスベンツ開発研究所のCEOや、他の自動車業界の重役を雇い入れたという情報も。

出典nge.jp

数百人規模の研究者、開発者を必要とするプロジェクトのため、自動車メーカー、バッテリーメーカーからヘッドハンティングするなど、かなりアクティブに採用を進めており、特にバッテリーメーカー・A123 Systemsからの引き抜きは訴訟沙汰にもなっている。

時計と同様にデザイン性が求められる「車」には、まだ噂段階にもかかわらず世界中の人が気になっているようです。

◆そんな中、ネットでは『遂に、Appleの自動車が登場か!?』と思わせるデザイン画像が話題となっている。

ホイールの中心や各所にAppleの代名詞「りんごのブランドロゴ」が入っていたりと、かなりそれっぽいが…

これがまことしやかに囁かれている「Project Titan」の全貌なのでしょうか!?

◆実はコレ、『もしもアップル自動車ができたら…』というデザインコンペ作品だった。

実はこれ、Appleが全自動運転車両をつくったらどんなデザインになるのか、みんなで考えよう!とのコンセプトに基づいて行われたデザインコンペの作品のひとつ。

優勝したのはAristomenis Tsirbasさん。賞金15,000ドル(約180万円)を手にすることになりました。

デザインを行った本人はこう語っています。
「Appleの伝統に基づいたミニマルなデザイン。前後のガラスは超高解像度のLEDスクリーンになっていて、ヘッドライトとテールランプのデザインをユーザーが選択できる。側面のドアやハッチは全て自動で開く仕様だ」

◆このデザインコンペには他にもたくさんの作品が集まった模様

他にも200近くのエントリーがあったようで、眺めてみると妄想が進んで楽しい。

技術的なところは大目に見るから、とにかくクールなデザインにしようとのことで多くの作品が集まったようです。

◆とにかくクールな他の作品を見てみよう!

◆このコンペ以外にも、以前から完成予想デザインを考えている人もいた。

イタリア人デザイナーLiviu Tudoranが、Appleのデザインにインスパイアされて制作された『iMove』と名付けられたコンセプトカー。

YouTubeにアップされたムービーは、いかにもAppleっぽい感じの紹介の仕方をしています。多数のデザイン画も載っています。

◆今回のコンセプトデザインのようなアップルカーが近い将来、登場するのでしょうか。非常に楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加