要注意!個人情報公開サイト『住所でポン!』が復活、今度は抗議しても消せない?

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

NTTの電話帳データを元に日本全国の住所・氏名・電話番号を公開している「住所でポン!」というサイトについてまとめています。

▼ あの「住所でポン!」が復活

住所でポン!を元のアドレスで復活させました。
今回はいろいろと工夫を加えて、より堅牢になっています。
atamaga.jp/whitepage/

この方が「住所でポン!」の開発者

▼ 「住所でポン!」て?

住所でポン 俺の住所あったwwwwwwww
父親の名前と電話番号までガッツリ載ってたわ(笑)

というか、「住所でポン!」に以前の住所・電話番号がモロに載っていた。多分、失明した祖母が104で検索するためにやむなく電話帳掲載したものが残ってたんだな。気持ち悪いので公開をやめさせたいけど、このように明らかに頭のおかしい人に接触するのも危険だし、さあどうしたもんだか。

上のツイートからわかるように、都道府県→市区町村と辿って行くと、その地区の住所・氏名・電話番号の一覧が表示されます。

下のツイートの通り、この元データ「はNTTの電話帳データ」だそうで、サイト下部には「データは2007年ごろのものです。」とあります。

@HidanoAre これは単なるNTTの電話帳データです。「貴方の社会的実験に祖母の名前住所電話番号が利用された」というのは言いがかりです。利用しても何の問題もありません。

▼ いろいろと「消えにくいシステム」らしい

【拡散希望】皆様も気を付けてください!こいつ @tottoriloop が、住所でポンっていう、全国の住所と住んでる人の氏名、自宅の電話番号をネットで晒してる屑。明らかに犯罪。

@PSYENCE1981 @HiromitsuTakagi
今度の住所でポンは簡単には落ちないから、ガンガン広めていいぞ
atamaga.jp/whitepage/
一方で全国電話帳がGoogle Mapと連携しました
play.google.com/store/apps/det…

① アクセスが殺到しても落ちない

複数の無料サーバーの生存状態を監視しつつ、リクエストを振り分けるシステムを構築しました。以前のようにアクセスが殺到しても消えにくいシステムです。

② 抗議しても消せない

各国のサーバーに分散されているので、法務省や総務省の外郭団体が干渉してきたり、21世紀のザル法こと個人情報保護法に騙された頭の悪い人がいくら抗議したりても消せないようになっています。
ブックマークは atamaga.jp/whitepage/ にどうぞ。

③ 削除申請は受け付けない

前のバージョンでは「掲載情報の削除申請」がありましたが…

@sh1katan 削除要請は以前は受け付けていましたが、受け付けても無駄ということがよく分かったので、拒否することにしました。

@HidanoAre NTTに削除依頼しても消しません。

@HidanoAre そもそも削除する義務はありません。本来理由を答える必要もありません。義務のないことに従う必要はありません。それが社会のルールです。

NTT東日本に問い合わせをすると、「電話帳は公開された個人情報」とのこと。そもそも電話帳への記載は電話回線の利用を申し込んだ際に電話帳に記載するか、しないかを本人に確認し、記載希望者のみの情報(電話番号・住所・氏名)が掲載されることになっている。その後は本人が掲載の停止を希望しない限り、継続して電話帳に記載され続けるということになる。

NTTに希望すると電話帳への記載は停止されるそうですが、上のツイートをみるかぎり「住所でポン!」の掲載停止は難しいようです。

【追加機能】住所をクリックするとGoogleマップが開く

住所を押下するとGoogleマップが開く様になって、さらに便利になった。 RT @tottoriloop 住所でポン!を元のアドレスで復活させました。
今回はいろいろと工夫を加えて、より堅牢になっています。
atamaga.jp/whitepage/

▼ 更に、同開発者の有料Androidアプリ「全国電話帳Pro」では

2001年から2011年ごろまでのハローページに掲載された、1億件以上の法人・個人の電話帳データ(名前、電話番号、住所)が入ったデータベースを検索可能な強力な電話帳アプリです。

「住所でポン!」は2007年とありますが、こちらは2011年までのデータだそうです。

また、「苗字でポン!」機能により、ある苗字が多い地域がランキング表示されます。日本人の姓名研究にも有用です。

以前は「苗字でポン!」はサイトでも公開されている機能でしたが、現在はこのアプリのみの機能のようです。何のための機能が?については、開発者のその他のアプリやプロフィールをご覧ください。

▼ もはやNTT電話帳は犯罪御用達名簿?

あと20年もすると、NTT電話帳に載ってるのは、掲載の拒否を知らない高齢者ばかりの、犯罪御用達の名簿になるのだろうなあ。

@HiromitsuTakagi 現状地方都市だとそうなってますよ。(農業)とかついてる番号だとすごく狙われる

@HiromitsuTakagi 最近は何か電話の契約に関する動きがあると、犯罪利用されない様に電話帳への掲載を止めては如何ですか?とNTTの方から奨めてきますよ。 奨めに従って掲載を止めましたが。

▼ ちなみに、現在はないようですが、以前の「住所でポン!」「全国電話帳アプリ」はインストールしたスマホの電話帳データを収集する機能が問題になっていました。

このアプリ自体は、ハローページとタウンページに掲載された情報を元に作成されているが、インストールした利用者のスマホに登録された電話番号や住所、メールアドレスなどが抜き取られ、利用者間で閲覧できる仕組みになっている。

住所でポンのサーバに「全国電話帳」経由で抜いたデータがずらっと並んでる件
これはあかんやろ
ただの電話帳データという言い訳は通用せんよ pic.twitter.com/D2kLBeSo

端末の電話帳データを収集して公開するので個人情報流出とか騒がれましたが、何千万件という既存の電話帳データに紛れ込むだけなので、大したことはないです play.google.com/store/apps/det…

▼ なお「住所でポン!」の公開目的は「マスメディアを釣るため」だそうです…

@HidanoAre 「個人情報保護」を錦の御旗に下らないことで金儲けしたり、企業を吊るしあげたりしているマスメディアを釣るためです。
実績としては、講談社のG2が釣られてております。
g2.kodansha.co.jp/19626/19899/19…

@HidanoAre 他に日本経済新聞、NHK、フジテレビ、読売新聞等も釣られました。
しかし、他人の個人情報を暴いて金儲けしている筆頭はマスメディアでして、叩こうとすればするほどブーメランになる仕組みとなっております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加