日常の中での胸チラを防ぐテクニックまとめ

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

おしゃれはしたいけど胸チラが心配…これから薄着の季節になってますます増えてしまうかもしれない胸チラを防ぐ方法をまとめました!

誰もが一度は見たことがある「胸チラ」

シャツやセーターなどのトップスから胸元がチラリ…、誰もが一度は見たことがあるのが「胸チラ」。

胸元があいた服を着ると、しゃがんだときや前かがみしたときにチラッと見えちゃうこと多くて困りますよね。

「おしゃれはしたいけど、胸元の開いた服を着ると“谷間”のチラ見えが気になって…」と心配する女性も多いはず。

今回はそんな「胸チラの悩み」を解決する方法についてご紹介します。

ソックタッチで服を肌に貼る!

靴下がずり落ちてくるのを防ぐための、お肌に塗れるノリのようなものです。

もともと足に塗るものなので、肌に悪い成分も含まれていません。

両面テープでも代用可能

これは肌にはつけずに、ブラヒモやカップの部分とトップスを貼りあわせます。

おすすめは布用の両面テープ。それか紙用でも強力タイプ。ひとつあるとすっごい便利

ホルターネックのキャミ

ホルターネックだと首に紐をかけるので胸チラゼロですよ^^

ホルターネックキャミは首の後にストラップ(ひも)がまわるため、体のラインに沿った形になりますから、一般的なキャミソールよりも重力に逆らってくれるんです!

首がある程度詰まったタイプから少し開いているもの、タートルネックぽいデザインのものまで様々なデザインが選べるのも魅力

胸元から見えるホルターネックをTシャツと反対色を持ってくるのもかわいいですよ。

チューブトップ

チューブトップはゴム入りなのでしっかりと体にフィットします。

上下の縁がゴムになってるので、かがんでも胸もブラも見えません。

ブラみたいにカップが付いた物もあれば、カップ無しでブラの上から付けれる物もあります。

服とチューブトップの間にすきまが出来る形になるだけなので、おもいっきり前に屈んでも、中腰になっても安心です。

ブラにつける、胸元ラインカバー

カバー上部の両端をブラのストラップ部分に通して2段階調節が可能なスナップボタンで留めて、下部をブラに折り込むだけ。

極端に肩紐の幅が広いスポーツブラ、ストラップなしのブラなどには使えませんが、普通のタイプのブラなら、だいたいOK

スナップボタンは2か所どちらでも留められるので、ブラの肩ひもの幅や体型に合わせて調節可能

これなら重ね着をしている感覚はないし、着けているのを忘れるくらい自然な着け心地なので、快適

  • このエントリーをはてなブックマークに追加