舞台は現実。アプリとは思えぬ位置ゲーに世界中がハマってる

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

ここ最近ツイッターやブログなんかで話題になってるGoogleの開発した位置ゲーアプリ「INGRESS(イングレス)」が世界的な人気を博しているそう!そんないま注目のアプリをまとめてみました。

ここ最近、やけに話題になってるアプリがある

寝てもイングレスの夢見るレベルとかこわい

イングレス怖いな。まっすぐ帰れなくなる。

朝、目が覚める。思った以上に昨夜の疲れを引きずっていてぐったりしている。今日はもう歩かない。と誓う。 #Ingress の記事やTweet、Facebookの投稿を読む。なぜか気力が充実してくる。←イマココ

やってみようかな。ー iPhone版「Ingress」現実世界と絡み合うブルーとグリーンの陣取り合戦!ドハマりして初日から10km以上歩いています!ダイエットにも最適! | [N] netafull.net/ingress/047566… #Zenback @kogureさんから

「技術力も発想も面白いし、世界観が完全に近未来SFチックなのでもうドキドキが、、、とまらない!!」

リアルの世界と連動してる位置ゲーらしい

キャッチコピーは“The world around you is not what it seems.” (あなたの周りの世界は見えているままとは限らない)

Googleが開発した世界規模で展開されている位置情報ゲーム

Google発ベンチャーの会社が開発しているらしい

簡単に言うとスマホ片手に2グループに分かれて行う陣取りゲーム

位置情報サービスを使いながら現実世界を動きまわって、仮想世界で陣取り合戦を繰り広げるARゲーム

PVもやたらと本格的で、ただの陣取りゲームじゃないことが伝わってくる

現実世界で遊ぶため、没入感がハンパないとか!

この画像は千代田区周辺の図。

もう随分と遊び尽くしてる人たちがいる…!

内容はブルーとグリーンに分かれて戦う陣取り合戦で、現実世界の地図を利用するので自分が移動しないとならない

地図上に設置された「ポータル」を奪い合い、3つのポータルを結んで三角形を作ることで、陣地を作っていく

そして、ポータルを奪ったり保守するためには実際にポータルのある場所に近づかないといけない

この※みたいのを取ってくらしい

確かにドラゴンボールみたいでテンション上がる!

現実世界がゲームのフィールドになっているため、土地・施設に執着があるとそれを守るんだ!という意識が芽生える

なるほど!感情移入もしやすいかも

本作はイヤフォン推奨でポータルへ「100m、東」などと音声で案内してくれる他、向かっている方向が正しいと「ピコン、ピコン」と知らせてくれる

なんか昔の鉄腕ダッシュみたいで楽しそう!

本気でやりたくなったら6分ほどのビギナーズガイドをチェックしておいてもいいかも!

必死になりすぎて歩きすぎちゃう人も出てきてるw

ポータルをめぐろうとすると、1日5kmとか歩いちゃう

せっかくなのでダイエットも兼ねて徒歩で‥‥と思ったら、初日から10km以上を歩くことになってしまいました!

#Ingress のエージェント活動含めて、今日もなんだかんだで10km歩きました。これで8日連続、80kmになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加