【勘弁して!】Twitterで嫌われる6つのタイプ

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

Twitterで嫌われるタイプを、ネットの評判などをもとに6つ分けてみました。但し、好みは人それぞれ。当て嵌まっても何とも思わない人も当然います。

【1】構ってちゃん


Photo by Digital Vision. / Digital Vision

病気、薬、苦労話、不幸自慢など、あの手この手を駆使して構って貰おうとします。
これがいつの世も減らないのは、それだけ手軽だからでしょうか。

「今日もまた仕事で失敗なう・・・。」、「生きる価値が見いだせないなう・・・。」

暗い性格の方も、それ自体は悪いことは言いませんが、そのようなつぶやきを共有したい方はいつの時代も少数派です。どの時代もネガティブな言葉には人は付いてこないようです。

あー構ってちゃん扱いにくい。
いきなりTwitterとかで「まさかあんな事になるとは。でも自分のやったことに間違いはない。」とか、ろくに話を詳しく話さず独り言っぽくアピール。
どうした?と聞くと、「いや、あんまり言いたくないんだ…」とか。

「私のTLはあなたのしたい話を自由にさせてあげるための場所ではないですよ」と言うと、「そんなの関係ないオレはBと言う話をしたいの」「御自身でご自分のTLで自由にして下さい」こんな感じ。こういう人物が普段どういう生活を送っているのかは非常に興味深い。

こういう人の存在がツイッター上で可視化されたからといって誰かがかまってあげるわけではないのが現実だろう。この手のかまってちゃんは現実界での満たされない願望=欠如をいわば象徴界で満たそうとするのだろうが、残念ながらツイッター上は現実界と異なるとはいえその延長上に過ぎない。

だからこちらでも日常生活同様にかまってもらえない、それでよけいにかまってちゃん具合が高まると言う悪循環を引き起こすのだろう。どこかでこの流れを断ち切る=(強すぎる自己顕示欲の建設的断念または他の趣味への昇華などの努力)なければ悪循環は止まらない。

【2】政治や宗教の思想を押しつける


Photo by George Doyle / Stockbyte

人間だから、誰しも考え方の好き嫌いはありますが、それを一方的に他人へ押し付ける人も中にはいます。
あまりにもしつこいと、Twitterに限らず日常でも良くは思われません。

「●●党に投票するしかないだろ。」、「この世で救われるのは××教信者だけだ。」、「▲▲を参拝なう。」

何を信じるかはあなたの自由です。そして、それら一定の宗派や政党に特化してつぶやくことは、一定のフォロワーを獲得することには貢献するでしょう。しかしそれとは逆に多くのフォロワーを失うことを覚悟せねばなりません。

執拗かつ一方的に自己主張を繰り返し、さらに自分の考えに賛同しないと「あなたはわかっていない!不勉強だ!猛省せよ!」という感じで考えを改めさせようとほぼ洗脳に等しい勢いで迫ってくるため、限りなくうざったく、アンフォロー

【3】実況がやたら多い

気にしない人がいる一方、そうではない人も。
ブロック・ミュートしようにも、普段は普通に会話している相手だったりで、意外と深刻のようです。

「今起きたよ。」、「カレー食ったよ。」、「眠い。」、「帰る。」

もちろん、そのような日常のTweetsをつぶやくのがTwitterライフの特徴ですが、それら無意味なTweetsだけを連続してつぶやいているとフォローを外されやすいようです。

日々の解決不能な「どーしろっていうんだよ!」というような個人的悩みであるとか、今からトイレに行ってお花を摘んでくるなう!であるとか、ついに今日童貞を捨ててきたヒャッハーであるとか、個人的な誰も解決できそうにない悩み・生理現象・性的な行動や衝動までをも実況中継するという場合です。

短期間に集中して傍目に面白くもクソも無いTweetを連発されるし、タイムラインが無意味にガンガン流れていってしまう。しかも後になって話題を追いかけるのも不可能だ。

【4】非公式RTや空リプで会話している


Photo by Comstock Images / Comstock

手軽だからかもしれませんが、関係ない人にとっては目障りとなるようです。
ただし、当事者にはまったく悪気のない場合がほとんどかもしれません。

非公式RTで会話するやつはうざいな。
たとえば会話内容がその二人以外にも関連するならまだしも、どう見ても個人的なやりとりを非公式で流してくるやつは、頭いかれてんじゃないかと思う。

ツイッターでうざい奴がいます。
@ユーザー名 で会話してるなら全く問題はないですが
@ユーザー名 なしで会話してる奴が居るんです。

○○さん大丈夫??
えーそうなんだ!
今度一緒に話そうよ

などなど正直他人のTLを荒らしてるだけのスパムにしかカンジません。

【5】フォロワーの数にしか関心がない


Photo by Digital Vision. / Digital Vision

個人的なこだわりで収まっている内は問題ないようですが、他人へ露骨に主張していると嫌われるようです。

フォロワーを増やすのが目的みたいになってる奴が一番気持ち悪い
日本語ハッシュタグでフォロー乞食やRT乞食するからトレンドが荒れるんだよ

『自分よりフォロワー数の多い人には敬語を使うのが、Twitterのマナーです。最近、ネチケットを守れない人が多い。一年前は今ほど荒れていなかった。』などというつぶやきが、Twitterで流行っている。

かなり前ですが、フォロワー多いほうが偉いと言い張っていた人が話題となったことも。

【6】ツイッター歴が長い割にやけに沈黙している


Photo by Jupiterimages / Goodshoot

非常に長い間にわたり、ほとんど黙り込んでいるアカウントもあります。
意図が良く判らないだけに、嫌がられるようです。

Twitterユーザーがフォローリストを整理する際に、目障りなつぶやきを連発するアカウントに次いでアンフォローするのが、これら何もつぶやかない沈黙アカウントです。

あなたがオフラインでよほど魅力があり、フォローしている価値がある場合はこの限りではありません。

【参考リンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加