余りがちな石けんは意外といろいろ活用できる

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

固形石けんって、普段使ってない人にとってはなかなか使い所がないものですよね。棚の奥に眠ってる石けん、こんな風に使ってみませんか?


Photo by Thinkstock Images / Comstock

お中元やお歳暮など、何かとセットで頂くこともある固形石けん。
余りがちな石けんの意外な活用法を教えます!

しまったな…石鹸が大量にある…しばらくはボディーソープ買えないわ。

マリ・クレールの石けんが大量に出てきたw ラックスも。これも出そう。

芳香剤がわりに

固形石鹸は、香りがなくなることはまずない

香りがずっと続く。

(ポイント)
香りが強いときは、石鹸の包み方で調整する

包装が紙の場合はそのまま入れ、ビニール包装の場合は、ちょっと穴を開けてあげるか、取り出して別の袋に入れておく


Photo by George Doyle / Stockbyte

洋服ダンスや衣装ケースに使用してみる。


Photo by Jupiterimages / Polka Dot

その他、トイレなどにも使えるそうです。

防虫剤として

一個で粒状の防虫剤10個分になる

(ポイント1)
防虫剤と違いガスが入ってないので 、衣類の真ん中か一番下に入れる

(ポイント2)
収納する前には奇麗に掃除して、湿気(風呂場の近くなど)は避ける


Photo by Ryan McVay / Photodisc

乾燥剤か除湿剤も忘れずに併用してください。

食器洗剤として


Photo by Jupiterimages / Photos.com

固形石けんは、中性洗剤よりも汚れを落とします。

手あれ防止にもいい

中性洗剤よりも肌への負担は少なくなります。

細かくし、お湯で伸ばし一晩放置すれば液状洗剤として使える

出典aisance

溶け残りがあったり、使うのに固い感じがする場合は再度お湯を入れて、よく混ぜてしばらく放置します。

洗濯にも併用できる

出典aisance

洗濯に使う場合は水を足してよく泡立ててから使用します。

(ポイント)
すすぎはしっかりとすること

ちゃんとすすげば香りも消えます。

手作り洗剤の作り方はこちらから。
http://aisance.seesaa.net/article/5613197.html

ふきんなどの消毒に


Photo by Jupiterimages / Creatas

※ふきん専用のせっけんも売られています

ふきんなどを煮沸消毒する時に、カッターなどで削って加える

(ポイント)
さらに、日光消毒も併用すればより安心

(おまけ)レンジに入れるとふわふわになる

※レンジのスイッチを押したら、絶対に前を離れないこと。
中をのぞいておいて、もし焦げそうになったら即座にふたを開けてください。

生クリーム状になり、使いやすくなる

(ポイント1)
数十秒だけ加熱する

出典ふらぶろ

(ポイント2)
もともと粘り気のある石鹸で、なおかつ乾いている状態だと上手くいきやすい

出典ふらぶろ

関連リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加