フェイスブックに異変が?『Facebook』を退会する人が増えている

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

フェイスブックに異変が起こっています。ここに来て、『Facebook』を退会する人が増えているのです。特に、10代のユーザーが激減しているそうです。フェイスブックは友達と気軽に繋がることができるツールですが、それが裏目に出ると、ストレスを感じるようになります。

● 『Facebook』は有益なツールだが

世界で最もユーザー数がいるSNS、それが『Facebook』

気付きを与えてくれるということで情報収集としてはいいツール

個人的にはすごくメリットもあるツールと思っていて、結果として続けています。それは情報との出会いです

・懐かしい面々と繋がることができる

メリットは、自分自身の近状を周りの人に発信できることです

これまで疎遠だった人達と繋がることができる。

幼馴染みや中高大の同級生など、懐かしい面々に再会し、彼らの近況を知れるのが楽しくて、一時期かなりハマってた時もありました

学生時代の旧友や、仕事で少しだけ関わった事のある人から、旅先で1日だけ仲良くなった人などとも、気軽につながることができます

● 『Facebook』を退会したいと言う人が増えてきている

この “世界最強のSNS” が、いよいよ陰りを見せてきた

なんと、31カ国でFacebookのユーザー数が減少している

Facebook利用者の半分以上が、Facebookをやめよう、または退会しようと思ったことがあるようです

2014年9月から2015年1月の間にユーザー数が増えたのは、わずか中華人民共和国とアラブ首長国連邦のみ

プリンストン大学の研究チームが発表した論文は、フェイスブックは今後3年以内にユーザーベースの80%を失うだろうと指摘した

・やめたい人が増えてきている

「Facebook 退会」「facebook アカウント 削除」などのキーワードで流入してくる人が今でも増え続けています

本当にやめる、やめないはその時になってみないとわかりませんが、こんなにやめることを意識している人がいるとは…

Facebook職場の人増えてきたしやめたいぞね

・10代のユーザーが激減している

特筆すべきは、10代のユーザーが激減していること

日中のユーザー数の減少を認め、特に10代前半のユーザーが減少しているとの指摘を認めており、そうした証拠となるデータには注目が

● 友達が良く見え、嫉妬してしまう

他人の生活がリッチで充実してるように見える


Photo by George Doyle / Stockbyte

友達が楽しそうに遊んでいる投稿などを見ると、本当にへこみます

「なんでいいねくれないの?」とか言われると余計しんどくなる

・見たくないものが見えてしまう

「本来知ることのなかったはずの人達の近況までもが分かってしまう」ことが逆に辛く感じられることもあるからです


Photo by Tom Merton / OJO Images

目を通して、すごく活発で話しかけやすい、誰からも好かれるような人になっているようで、モヤモヤするのは嫉妬心でしょうか

元カノ・元カレが「知り合いかも」に出てきたり、近況がシェアされた時(特に元カノの結婚式とか)とか見たくないものですよね

例えば元カレだったり、対人関係のトラブルで疎遠になってしまった人たちを思い出してしまいます。そして、興味本位で名前を検索~

Facebook見てると、この人結婚したんだ、あ、この人も、この人も…ってなるからもうやめたい!

・疎外感が増す

誘われなかった飲み会が開催されていた事をFBで知るとへこみます

中学を卒業してからの13年間、私の知らない所でみんなは繋がってたのかと思うと、すごく寂しいような悲しいような気分です

暇すぎてFacebookみてみんな人生エンジョイしとるのぅて落ち込むのやめたい。いい加減やめたい。でもチェックしないと必要な情報まで見逃してしまう。。まで考えてから、必要な情報と思っていたものも、クズにはいらないものかもしれないなと気付いて( ˘ω˘ )スヤァ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ