ゴージャスでインパクト大のウォールデコ!アフリカのジュジュハットをDIY

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

海外インテリアでよく見かけるジュジュハット。元々はアフリカの羽で出来たウエディングハットですが、ゴージャスで素敵な壁飾りになります。なかなか日本では手に入りにくいのですが、結構簡単に手作りすることができます。羽を使った方法以外にも、100均などでも売っている毛糸などを代用作ることも可能です。

海外インテリアでよく見かけるジュジュハット

アフリカでジュジュハットは王室の総務、結婚式や葬式の時に皇族、首長や社会の著名なメンバーが着用していました。ジュジュハットの起源は西アフリカからBamileke、TikarとBabanki部族です。
儀式で着用する帽子なので、本来はインテリア小物ではないのです。

毛糸でジュジュハットをDIY

●用意するもの●
極太の毛糸
はさみ
厚紙
ステープラー
両面テープ
棒や箸、スティックなど

厚紙を直径30センチほどの円にカット。
真ん中に1,2センチほどの穴を開ける。

丸くカットした厚紙より2、3センチ長く毛糸をカット。

カットした毛糸の真ん中をギューッと持って、厚紙の上で広げる。
広げた際に隙間があれば、カットした毛糸を足す。

糸で、真ん中を結びます。

束ねた毛糸をX上に広げます。
8、9センチ短めにカットした毛糸を束ねます。
Xの上に縦に束を置き、Xの形の辺の周りに結びます。さらに短くカットした毛糸の束を作り、同じことを繰り返します。

穴から結び目の糸を出します。

結び目の糸はスティックや棒などに結び付けます。

両面テープを裏面に貼り付け、糸を押し付け固定します。

広げて、形を整え毛糸のジュジュハットの完成です。

クリープペーパーを使ってDIY

クレープペーパーをカットして羽のような形にして、円形の厚紙に貼り付け。

古本のページを使ってDIY

厚紙を円形にカットします。

いらない本のページを最後は3センチほど残して、ハサミで切ります。

切ったページをクチュクチュにします。

これを厚紙の円の縁に貼り付けます。

2番目のサークルの分は一つ目と違って紐で束ねます。

これを内側に貼り付けていきます。

これをあと2,3回繰り返して、ジュジュハットの完成です。

羽を使ってDIY

グルーガンで接着するのが主流

土台になるものは丸くて軽い物

鍋敷きに貼り付ける

滑り止めを丸くカットして貼り付ける。

段ボールに貼り付ける。

様々なバリエーションで楽しむ

真ん中の色を変える

目を引く明るい色で・・・

真ん中部分にビーズ

貝殻を真ん中に

真ん中はレースに

素敵なウォールデコの実例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加