【愛知県】おしゃれな空間をプロデュースしてくれるインテリアコーディネーター・スタイリスト10選

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

愛知県のインテリアコーディネーター・スタイリストをお探しでの方へ。 単純に家具を選択するだけでなく、空間をクリエイトし、暮らしを豊かにしてくれるのがインテリアコーディネーターやインテリアスタイリストです。新築、リフォーム、リノベーションなど多方面で需要があるクリエイティブな素敵な仕事です。

それがImaedaのコンセプトです。
お店や会社が地域に繋がる店を増やすことで、お客様が何度も来たくなる店作りをする。
Imaeda Designでは、リフォーム会社での豊富な経験とインテリアデザイナーとしての実績の両面からお客様がスムーズにオープンでき、繁盛するまでを共にプロデュースします。

ウォールナットで統一した北欧系の家具をご提案。柄の違うダイニングチェアを使いアクセントに。特にダスク柄を気に入っていただけました。アクセンクロスが貼られた壁には、造り付けのテレビボードで、収納もバッチリです。

出典selims.jp

“いま”という大切なひとときを、
”みらい”より振り返ってもらった時に、
「選んで良かった」・「買って良かった」・「任せて良かった」…と思ってもらえ、
“笑顔”になって頂けるサポートがしたい…そんな思いを込めて設立しました。

Drawer-Design 代表
インテリアコーディネーター
整理収納アドバイザー1級
整理収納アドバイザー2級認定講師
ライフスタイルプランナー

本当に大切なお気に入りのモノだけに囲まれた生活は、他の誰でもないあなた自身の、何気ない日常を心豊かな時間へと変えていきます。

1980年 愛知県豊田市生まれ 
A型 
椙山女学園大学 卒業
主人、わたし、長女・長男・次女の5人家族
地元工務店にて営業、インテリアコーディネーターとして7年勤務。
その後照明器具メーカーにて照明プランナーとして勤務。
ハウスメーカー、工務店の契約ICを経て。
2009年フリーランスとして独立。
その後、大工の主人と結婚。
プランニング~施工まで一括してご提案出来る、新しい体制にて再スタート。
地元豊田市に中古住宅を購入しリフォーム、リノベーションを繰り返しながら自宅兼事務所を構える。
2016年、新アトリエOPEN。

ナチュラルテイストでH様ご家族らしい、ほっこり優しいお部屋になりました。

美大のビジュアルデザイン科卒業後、インテリアファブリックメーカー企画室勤務。 その後、家具ショップにて、キッチン、家具、ファブリックを含むトータルプランニング及び、 販売経験を経て、株式会社インテリアネットワークスを設立。 数多くのファブリックスタイルを手懸ける。

米国 Window Fashion Vision Envision Design Competition
2010年 トップトリートメント部門 1位

名古屋エリアで活躍しているインテリアコーディネーター。 名古屋インテリア界の宣伝部長、『KAZママ』と呼ばれています。様々な企画やイベントで、 「インテリアを愉しむこと」をわかりやすく体感させてくれます。 エネルギーの源は『毎日を愉しむ』ときどき『旅ラン』そして『チャレンジ』。
愛知淑徳大学創造表現学部建築インテリアデザイン専攻・教授、ガールズ・リノベ塾主宰。

■インテリアプランニング モデルルーム
■家具デザイン ■アートワーク ■テーブルコーディネート
・2級建築士 ・インテリアコーディネーター

建築から家具まで全体を通してのデザインが必要で、そこに「心地よさ」「安らぎ」が生まれる。それが住宅だと思っています。
住む人の生活をきちんとといて、一歩先の生活をプロとして提案するべきで、家具・カーテン・食器・アートというトータルでの空間を提案できるように日々アンテナを張っています。

インテリアコーディネーター
二級建築士
カラーコーディネーター二級
インテリアオーガナイザー
女性としての私生活は、住まいの中心である生活環境を女性の立場でご提案させていただけます。また20年のインテリアデザインや社会での経験を活かし、住まいはもちろん全ての生活環境のご提案をさせていただけます。

美しく、機能的で、安心、安全で快適な空間の実現
あなたにとっての「真の豊かさ」を具現化し、潤いのある人生を住環境から。

経験豊富なアドバイザーが思い描いているお部屋や空間のイメージにあわせてインテリア商品セレクトのお手伝いを致します。

デザインを大学で学び 大手ハウスメーカーでの16年の経験を活かし、暮らしの基本を大切にし 女性の心に響く心地よいデザインをご提案しております。大学にてインテリアの講師もしております。

小学生のお子様もみえるため冷たい雰囲気にならないようスタイリッシュな中にも温かみが出せるようカラーバランスに配慮しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加