ただの物干し場を素敵にDIY ベランダ・バルコニーをもっと楽しむコツ

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

マンション暮らしや庭のないお家でもベランダやバルコニーがあればガーデニングやカフェ、アウトドアリビングを楽しめます。DIYでとても快適なベランダを作ることが出来ますよ。ただの物干し場だけではもったいない!そんなベランダを最大限活用する方法を紹介します。

1畳あれば、なんでもできる。

IKEAが1畳チャレンジというイベントを展開しています。
バルコニーやベランダは1畳程度のスペースがあれば新たな使い方ができるというもの。
狭くて何も出来ないなんて諦めずに、その可能性を探ってみましょう。

ベランダ・バルコニーは屋外プライベート空間

ベランダはただの物干し場だと思ってませんか?
うちはベランダもそんなに広くないしあまり物も干せないし。。。とデッドスペースになっていたり。その使い方を見直せば実はとっても快適な空間になるんです。

まずは物干しスペースとして

折りたたみ式の物干しラックなどを使ってスペースをしっかり使います。
柵にラティスを貼っているので目隠しも出来ますしおしゃれ空間になりますね。
使わない時は全て片付けてガーデニングなども楽しめるのがポイント。

手作りで物干し台を作っています。
このベランダは狭いですが、何もないよりは格段に物が干せるようになります。

物干し場以外の用途を考える

ベランダにテーブルを置いてお茶をする。
ガーデニングや家庭菜園もやりたい。
寝転がって読書とか出来るかな?
普段デッドスペースになっているベランダの他の使い道を考えてみてください。
外で過ごすのがもっと楽しくなりますよ。

小さなカフェテラスとして

床と壁に木材を貼ってグリーンに塗っています。
これだけで素足でベランダに出てお茶ができるようになります。

この画像は基本的にテーブルと椅子、そしてベランダを飾る植物たちだけです。
ミニマムなセットを用意するだけでカフェが楽しめます。

ベランダカフェなら夜でも室内の明かりで優雅なひと時を過ごせます。
キャンドルが雰囲気あって素敵です。

ガーデニングをめいっぱい楽しむ

木目に統一されているかわいらしい例です。
初めてでも小さな棚やかわいいプランターを置くことで小さなガーデニングを楽しめます。

背の高いルーバーのパーティションを並べて、壁面ディスプレイを楽しんでいます。
植物だけじゃなくアイテムがたくさん飾られているのがおしゃれです。

床にウッドデッキをひいて、日の当たる位置に木の鉢植えを置いています。
鉢植えは大きくなりすぎませんし、木漏れ日を感じるグリーンカーテンにもなって素敵です。

自分の時間を過ごすスペースとして

床に木材を敷き、ベンチも作っています。
クッションを置くことでグッと過ごしやすさとおしゃれ感が上がりますね。

これは海外の例でバルコニーも広めですが、この半分のサイズでもソファが置けますよね。
最近は雨にぬれても大丈夫な屋外用ソファも登場していますからこんな使い方もできます。

これもソファを使った例です。
ネコさんのくつろぎスペースにもなりますね。

ベランダをDIYでおしゃれにする方法とは?

まずはベランダをどう使いたいか考えてみましょう。
裸足で出られるようにしたいとか、目隠しをしたいとか、立地や環境によっても変わってくると思います。
ここからは基本的なDIYの方法を紹介します。

1.床材を変える

出典findy.jp

ジョイントできる形のウッドタイルというのが売られています。
コンクリートで味気ないベランダが一気に快適になります。余ったスペースは100均の人工芝を入れて。

市販のパネル式の床材は、設置が簡単にできる連結パネルがついているものが多く、排水性もよく取り外しが簡単にできるのが特徴です。
レンガや木材、タイルなど、パネル式になっていないものを敷くときは重量や耐久性に注意しましょう。

出典hinata.me

タイル買うほど本格的には・・・という方にはアウトドア用のラグがおすすめ。
雨に濡れても大丈夫な素材なら使いやすいですよ。

2.壁を変える

すのこにアンティークな色を塗り、壁に引っ掛けるようにして取り付けます。

あとほんの少し視線をカットしたいときに使える技です。
小さなトレリスを手すりに結びつけるだけ。
ガーランドを巻きつければ簡単に目隠しになります。

トレリスの素材によってワイヤーや麻ひもなど目立ちにくい素材のもので固定します。
左右と上下を固定するなど、何カ所かをしっかりと留めることが大切です。

ラティスを取り付けて高さを出すとハンギングやつる性の植物を這わせることが出来ます。
但し、マンションによってはベランダの手すり以上の高さにフェンスの設置がNGの場合もありますのでご注意ください。

壁に板を貼り、黒板塗料を塗ればあっという間にお絵かきスペースの出来上がりです。
黒板以外にも普通に塗装してもいいと思います。

生活感のあるものを隠す

エアコンの室外機や備え付けの物干し台など生活感が出てしまうものは隠してしまいましょう。

室外機を隠しながら収納まで兼ね備える便利グッズです。
土や使わない鉢なども収納できますね。

これはすのこでDIYしています。
アイデアが光りますね。

視線が気になるなら目隠しを

ラティスなどを立てれば目隠しになります。しかし目隠しすることで風を強く受けて手すりが壊れたりする危険もあるのでよく考えて設置してください。
日除けの布を使う手段もありますよ。

日除けのシェードは窓の上から斜め下に下ろすのが一般的です。それだとベランダスペースが狭くなるので、手すり側に枠を作り、その上を通して目隠し兼日除けを実現しています。

テーブルと椅子を置こう

小さなテーブルを置くだけでぐっと使いやすさがアップします。
コーヒーとお菓子を置いてぼーっとしたり、読書を楽しんだり、ノートPCを持ち出してネットサーフィンも出来ますよ。

板に折りたたみ金具を取り付けて、使いやすいカウンターテーブルを作っています。
夜景が楽しめそうですね。

IKEAでも人気の屋外用テーブルセットを置けば簡単にカフェが楽しめます。

手入れが出来るならガーデニングに挑戦

土いじりや手入れがイヤじゃなければ是非植物を取り入れてみましょう。
緑があるだけでベランダが華やかになります。
お花が溢れるイングリッシュガーデンでも、実用的な家庭菜園でも自由です。
床に並べるだけでなく、飾ることを意識すると更に素敵になりますよ。

床に並べるだけでは視界に入りにくい小さな鉢もハンギングで高さを出すと華やかになります。
ハンギングでなくてもベンチや室外機カバーの上でもOKです。

レイズドベッドという水はけ改善の為のプランターですが、こういったデザイン性の高いプランターを使えば家庭菜園もおしゃれになります。
またベランダの柵が日陰になってしまう場合でもこれを使えば日当たりが良くなります。

出来るかな?ソファを置いてみる

海外の写真では屋外にソファが置いてあるものがありますが、雨の多い日本では・・・と諦めていませんか?
最近は屋外用ソファも登場し、ベランダで使えるものもありますよ。

屋外用ソファでもクッション性の高いものは座り心地がよく快適なアウトドアリビングになります。
しかし大きいものが多いので大きさの検討は慎重に。

出典suvaco.jp

クッションと座布団は使う時だけ出せるようになっています。
これなら室内で使っているクッションが使えて心配が減ります。ソファを置くほどのスペースがなくてもOK。

アウトドアリビングを楽しんで

マンションなどだと屋外で過ごすことが減りがちですが、ベランダやバルコニーを最大限活かせば快適なアウトドアリビングを楽しめます。
マンションは管理規定や消防法などがありますので、事前にチェックしておくことをお忘れなく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加