快適性は世界一!ル・コルビジェソファまとめ

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

近代建築の三大巨匠の一人に数えられるル・コルビジェ。建築家、デザイナーとして活躍したほか、「ドミノシステム」「新しい建築のための5つの要点」「モデュロール」といった新しい概念を提唱したことでも有名。そんなル・コルビジェがデザインしたソファ、通称コルビジェソファの代表作をまとめてみました。

1887年、スイスで生まれの建築家。シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ=グリが本名だが、雑誌「エスプリ・ヌーヴォー」上で使用したペンネーム「ル・コルビジェ」が定着。「近代建築の三大巨匠」の一人として知られる。家業の時計職人になるため美術学校に通うが、校長に才能を見出され、建築家の道に。1914年に鉄筋コンクリートによる住宅建設法「ドミノシステム」、1920年代に「新しい建築のための5つの要点」、さらに「モデュロール」など新しい概念を提唱。近代の建築やデザインに大きな影響を与えた。また、各国の都市計画にも参画。加えて、建築だけでなく、インテリアのデザインや絵画、彫刻、版画など多様な作品を残した。

フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」として位置づけられる(ヴァルター・グロピウスを加えて四大巨匠とみなすこともある)。

1920年代には「新しい建築の5つの要点」を提唱し、「サヴォワ邸」に代表されるような、明るく清潔で機能的な住空間を創造しました。

フランスはパリ郊外にある「サヴォア邸」。それまでの伝統的なヨーロッパの建築物に見られたような幾何学模様がなく、欧風庭園に欠かせない噴水もない。
特徴はやはり、1階部分が持ち上げられ、ピロティになっていること。視点を高くし、敢えて自然と一歩距離を取り、抽象的に自然を楽しむような構造にあった。

1931年、パリの郊外に完成したサヴォア邸は、昔ながらの装飾をはぎとり、真っ白な直方体の箱が宙に浮く、軽やかな建築です。これは1927年に彼が提唱した「近代建築の五原則」、すなわちピロティ、屋上庭園、自由な平面、水平連続窓、自由なファサードを具現化したデザインと言えるでしょう。

※新しい建築のための5つの要点・・・近代建築を成り立たせるための5つの要点として、
1.ピロティ、2.屋上庭園、3.自由な平面、4.横長の窓(水平連続窓)、5.自由な正面(ファザード)を提案する。

実践に理論を並行させ、鉄筋コンクリートを活用した建築理論「ドミノ・システム」、高密現代都市の理想的環境を構想した「輝く都市」、身体に合う建築寸法の黄金比「モデュロール」、《サヴォア邸》で実現された新しく自由な建築のための要点「近代建築の五原則」などを、著作やCIAM(近代建築国際会議)で次々に発表し、世界に多大な影響を与えた。

一方で、そうした建築と一体的に、緻密に追求された機能的なインテリアデザイン、特に「LC」という名前をもつチェア・ソファのシリーズは根強く愛され続けています。

スチールとクッションという一見、シンプルなつくりだが、ソファの快適性を最大限に具現化した名作「LC2」。世界で最も模倣品が作られたソファともいわれている。

最小の構成で最大の快適性を実現することを目的としてデザインされたソファ、通称“グランコンフォール”。スチールパイプのフレームに背、座、アームのクッションを落とし込んでいく簡単な構造ながら、未だにデザイン、快適性の両面でこのソファを超える製品はないといわれる名作です。

LC2ソファから生まれた「LC3」。LC2に比べて幅と奥行きをゆったりと取る一方で、高さと座高を低くしている。見た目はよく似ている両者だが、掛け心地は異なる。

コルビジェソファの中でも根強い人気を誇る「LC1」と「LC4」。一般的な革張りに加えて、毛皮を使ったものもある。

一般的にはスリングチェアの名前で有名なこの椅子は
疲れないように背が回転して傾斜角度がかわる。かつて
イギリス陸軍がインド駐留中に使用したサファリタイプ
の椅子にヒントを得たと言われている。

LC1はどんな体型の人にもフィットする背もたれが特徴。

コルビジェソファの中でも最も希少性が高いと言われるのがデイベッドソファ「LC5」。なぜなら、もともとコルビジェがプライベートで使うためだけにデザインされたから。本物は1脚しかなく、商品化されたのは随分経ってからだった。

最新のデザインと言われても何ら疑う余地がないかのようなダイニングテーブル「LC6」。これ一つで、都会的でシックな雰囲気に。

1952年、妻への誕生日プレゼントにデザインされた「LC14 CABANON」。6面すべてに持ち手があるため、どの面を上にしても使えるという機能性が高いスツール。

ル・コルビュジエ財団とカッシーナ社により、現代によみがえったコルビジェソファの最新作「LC 2010」。コルビジェの世界観を守りつつ、現代風に新たな解釈を加えて誕生した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加