【簡単】白い壁紙・茶色の床でおしゃれな部屋つくり

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

おしゃれな部屋のインテリアコーディネートが色んなサイトで見ることができますが、白や黒のフローリングだったり、壁紙が色つきで部屋自体がまずおしゃれなものが多いですよね!日本で多い「白い壁・茶色い床」でおしゃれなコーディネートってあんまないかも…と思ってまとめてみました。

色んなサイトで「おしゃれなお部屋」「素敵なインテリアコーディネート」の画像やノウハウを見ることができますが、”元々の部屋がとてもおしゃれ”な画像って多くないですか?

色つきや柄の壁紙、白い床。部屋自体がおしゃれさを意識した作りになっている所のコーディネートを真似ても、白壁・茶床の部屋だと違和感が出てしまうと思うんです…。

マンション・アパートにしても、一軒家にしても一番多い白壁紙・茶床の部屋で出来るおしゃれなお部屋のコーディネート画像を集めました。

ポイント:白や茶と相性がいい色をメインカラーに

簡単におしゃれな部屋にするためには、メインカラーと差し色を決めると良いと言われています。

家具やインテリアの色合いをメインカラーでまとめて、そこにメインカラーとは違う色の雑貨を数点置くと全体がまとまっていて、おしゃれな部屋になるんです。

この画像で言えばメインカラーはベージュで、さし色はターコイズブルーです。

アースカラーとは、植物や自然物にある色合いのことを言います。土の茶色、木の緑などが代表的な色です。

白壁紙・茶床の場合は白or茶色をメインカラーにすると洗練された雰囲気が出ますよ。

特に茶色は必須カラーです!

濃いめの茶色でまとめた中に、カラフルで鮮やかな色合いの雑貨がバランスよく配置されています。

まず白い壁紙と茶色の家具の相性が抜群ですよね。
パキっとした色の組み合わせを意識すると男性的な印象になります。

コントラスト(色同士の明暗や彩度の差)が高い色合いだと男性的な色合いになりますが、逆に低い色合いにすると柔らかな女性的な雰囲気になります。更に曲線が目立つ家具がその印象を強くしてくれます。

このお部屋はフローリングが割と明るめの茶色で、メインカラーもその色に合わせたナチュラルブラウンなので柔らかくまとまったコーディネートです。

雑誌やポスター・アートなどカラフルなものをババンと飾っているのがとてもおしゃれ。
でも実際に色々置くとなんだか乱雑な感じになりそうですよね…。

このお部屋のポイントは、カラフルなものを一つのエリアにまとておき、メインカラーは壁や床に調和する茶色にしていることです。

部屋全体に雑多に色んな色の物を置くと、メインカラーの調和が崩れてしまいます。

こちらは少し上級者テクニックですが、メインカラーを一色ではなくワントーンでまとめています。

黄土色や赤味のある茶色、焦げ茶など”茶色”って結構幅広いですよね。
差し色も茶色に合わせた色合いにしているからこそ調和しているおしゃれなお部屋です。

特に、家具の色は統一しよう

シェルフやTV台、テーブルなどをすべて同じ色、さらにはフローリングの色と同じ茶色でまとめています。
ソファの足やベッドのフレームなど細かい所も見事に合わせています。

ここまで合わせると、さし色が多少ばたついていてもオシャレなお部屋になりますね。

白が多めだと広く見える&清潔感アップ

出典ameblo.jp

ソファやラグなど特に面積が多い、部屋の目玉となる家具を白にすると部屋が広く&清潔感がある綺麗なお部屋に見えます。

壁の色に合わせた色を多く使うと空間が広がってみるというテクニックです。
生活することを考えると、シミがついたらどうしようとか思って避けてしまう白ですが、逆に白を選ぶことで生活感がなくなるというのもありますね。

ポイント:おしゃれアイテムを飾る

ポスターやアートを飾ると一気にオシャレ度が増します。しかし、ただ飾るだけではなく部屋にあっているものを選ぶ必要がありますね。

この画像の部屋はグレーと茶色がメインカラーなので、その色に合わせたアートを選び、そしてアートの周辺は出来るだけすっきりさせましょう。

黒やグレーなどのモノトーンがメインカラーのお部屋、その色合いに合わせた柄付きの布を天井から垂らしています。

お部屋の色合いをまとめると何だか地味に感じてしまう時ってありますよね。そういう時は柄が入った布を使うと一気にお部屋が華やかになります。

段によって横幅や高さが違うオシャレなシェルフですね。メインカラー&周りに物を置かないことでおしゃれな空間が出来上がっています。

個性的過ぎると全体から浮いてしまいますが、メインカラーで空間とサイズの兼ね合い取れているデザインのものを選ぶとかなりオシャレ上級者のお部屋になります。

ポイント:照明が大事

出典reroom.jp

白い壁紙に昼白色などの寒色系の照明を選ぶと、部屋の印象が無機質で寒々しいものになりやすいんです。

おしゃれで雰囲気がある部屋にしたい時は、暖色系の電球を選びましょう。

暗めの照明はリラックスできる空間を作り出します。
暖色系でワット数やルーメンが低いものを選ぶと雰囲気も出ますし省電力で節約にも?

どんな部屋でも必ず一つは照明がありますよね。
しかしそれ以外にもスタンドライトやフロアライトを使うことで部屋の明るさが大きく変わります。

更にはそのライトを置いた所や光が当たる場所を強調することも出来るので、その近くに大きな家具やオシャレなアイテム、観葉植物などを置くとオシャレ度アップ!

ポイント:生活感が出る物を隠す

ジャケットやカバンなどの衣服、掃除機などの生活用品を置くと生活感が凄く出てしまいます。
生活感はおしゃれとは対極の存在ともいえます。上記のアイテムを見える場所に置くならそのアイテム自体をかなりオシャレなデザインにしなければいけません。

シェルフやウォール収納などの見える収納にはおしゃれorシンプルなデザインのアイテムを置き、生活感のある物は棚やクローゼットなど隠れる収納に入れましょう。

観葉植物や花瓶などのインテリア以外は全てシンプルな家具でまとめられた空間です。

大人の上質なおしゃれという感じで、お招きされた家がこんな感じだったら「すげぇ~~!!」って思っちゃいますよね。

このオシャレさはまさしく生活感が一切ないことが大きな要因です。
物を隠せるほどのスペースがないといけないコーディネートですが、部屋が広めで家具をどうおいたらいいかわからない…という人にはぜひ試してみてほしいです。

まとめ

●家具の色を同じ色合いのものでまとめる
●床の色=茶色を活かした色の選択
●照明は暖色系がおすすめ
●見せる収納と隠す収納を使い分ける
☆地味な印象になったら差し色やファブリックで華やかさを出す

おすすめのショップ

フェリシモがやっているKrasoは家具・インテリアは勿論ファッションから食品まで扱うネットショップです。
ナチュラルでオシャレで、雰囲気があるアイテムが多いのでおすすめです。

http://www.felissimo.co.jp/kraso/

こちらもファッションや美容品など幅広い商品を扱っているネットショップです。カタログ雑誌による電話注文などもあるんですかね??
こちらの家具・インテリアはそこまでお高くなくて、他のショップには無いデザインのものが多いのでおすすめです。

http://www.bellemaison.jp/ep/srvlt/EPFB00/EPFB0002/dMidCatLstShow?BELN_SHOP_KBN=100&DAI_CATEGORY_ID=9

ACTUSはおしゃれな家具・インテリアのお店です。ネットショップではインテリアがメインのようですが、実店舗ではテーブルやソファなどの家具も沢山売られています。
大きなものはちょっと御高めですが、インテリアなどは普通に手が出る範囲の価格帯なので、とっておきの物を買う時にぴったりなお店です。

http://online.actus-interior.com/

こちらもどうぞ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加