一人暮らし必見!間仕切りをうまく使ったインテリア

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

ワンルームのマンションや一人暮らし用のお部屋でも、間仕切りをうまく使えば、お部屋が増えたような気分になります。生活にもメリハリが出るのでおすすめです!

・カーテンを使った間仕切り

ワンルームに住んでいると、どうしてもベッドも机もキッチンも、いっぺんに視界に入りますよね。ベッドと居住空間をセパレートできたら……、ワンルームに住む者の永遠の憧れです。

暮らしの中で「食べる場所」と「寝る場所」、「くつろぐ場所」と「食べる場所」を分けるのは、生活にメリハリをつけるのに大切なこと。

リビングの狭いくぼみを、オレンジのカーテンで仕切り、ベッドルームを配置しています。

出典VIP WORKS

カーテンや家具、パーティションで仕切るだけでワンルームもずいぶん雰囲気が変わりますね!

お客様が来たときにはカーテンを閉めれば、見せたくないところは隠せます。

・ロールスクリーンを使った間仕切り

昼間はベッド部分を隠したい、夜は広々開放的にしたい・・
ロールスクリーンなら自由自在に間仕切りできます。

・衝立やパーテーションを使った間仕切り

ついたて式の間仕切りはちょっとした目隠しに便利です。

間仕切りや家具で空間を分けると、ワンルームの中にもう一部屋できたような気分に。

空間に変化をつけたいのならオープンなパーティションや視線を遮らないロータイプのシェルフを使用するだけで充分な効果がありそうです。

ホームセンターなどで売っている庭に使用するウッドパネルなどを使用してセパレーションをするのもカッコいいです。

小さめのワンルームであっても、生活感のあるベットやキッチンなどは隠したいものです。

・家具や棚を使った間仕切り

スペースを分割するのに間仕切りを使うのなら、収納もできるものを使って、一台二役させましょう。

リビングとダイニングの間、または広めのワンルームを2つの空間に区切る場合、棚を間仕切りとして活用する方法があります。

オープン棚で部屋を仕切る場合は、棚のデザインや大きさ(横幅、天井方向)によって、圧迫感が変わってきます。

リビングの間仕切りラックは高さがあまりないものを選びましょう。圧迫感などがなくスッキリと空間を仕切ることができます。

あえて空間を仕切ることで、部屋を広く見せるセパレーション効果。上手に取り入れると住んでいる人の心理にも働き、生活にメリハリができますよ。

間仕切りラックは部屋の壁紙や床と同じ色で合わせると統一感がでます。

ワンルームで空間をしっかり区切るなら、天井まで高さのある間仕切りがいいですね。

ちょっとしたアイデアでお部屋をセパレーションするだけで、お部屋全体が180度変わってオシャレにみえるので是非試してみてください♪

●関連まとめ●

  • このエントリーをはてなブックマークに追加