【ひとり暮らし】「ダサ部屋」を卒業するためのコツ

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

ルールがあるらしい。

ちょいハードル高いけど、めっちゃ使えるコツがこれ

ベースカラー:天井や壁など、部屋の基本色
メインカラー:カーテンなど大きなアイテムの色
アクセントカラー:小物など、アクセントになる色

ベースカラ-(70%)・サブカラ-(25%)・アクセントカラー(5%)くらいの割合で色を決めていくとバランスが良くなる

ベース:白
メイン:緑
アクセント:ピンク

出典locari.jp

ベース:グレー
メイン:ライトグリーン
アクセント:オレンジ

みたいな感じ。

日経インテレッセによると落ち着く部屋はベースカラーが70%、メインカラーが25%、残りがアクセントカラー、なんだね~

ちなみにこれ、服やらウェブデザインやらにも当てはまる、配色の基本らしい!

広く見せるためのコツ

部屋を広く見せる為に、面積の大きいカーテンをベースカラーの一部と捉え、同じ色で統一すると効果的

とはいえ、アクセントを付けるのにも有効なので、その辺は好みになってくるかも。メリット・デメリットを知って判断材料に。

逆に、ベースカラーと反対の色合いや、明るさ、鮮やかさが反対のカーテンを選ぶと、お部屋の雰囲気にリズムが出来て目を引く

背の低い家具を選ぶと、視界が広くなるため部屋が広くなると感じます

家具の高さを揃えるのも、方法の1つ。

連続性ができて、すっきり広い印象になりますし、高さが揃ったインテリアの上には、新しい空間が出来ます。

窓や隣の部屋をふさぐようにソファなどの家具を配置すると、狭く感じさせてしまうとか。

座った時に視線の先に窓があるなど、視線が抜ける工夫があると部屋も広く感じ、落ち着いた雰囲気が作れる

ソファを端に置けば、視線が抜けるのでGOOD

生活感をなくしたいなら

いくらテーマ性のある部屋に仕上げても、生活感を倍増させてしまう

収納箱でカモフラージュとか、

机の下にばらついてるコード→雨どいに収納すると、

こんなにすっきり!!

邪魔なコード類は床から浮かしてしまえばよいのです。雨どいを使って。

出典ikejo.net

あの、ベース・メイン・アクセントに合わせるだけで、生活感はグッと減ります。

こんな感じとか。

【最後に】照明も大事なところ

コードを長くする事によって、空間がぐっとしまった印象になります。

レストランやカフェがオシャレな雰囲気なのは、「光を組み合わせている」から

部屋全体を均一に明るくするのではなく、明暗のバランスや高さに変化をつけることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加