一人暮らしの和室を洋室風にするアイデア術

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

ちょっと古い賃貸アパート。和室を自分でなんとかして洋室に変えるアイデアを紹介します。

和室でもいいや!と思って安さで選んだ賃貸物件。
でもやっぱり洋室に憧れる。

まずは“畳”をどうにかしよう

和室を象徴するものといえば“畳”。
和室っぽさを消すためには、これをまずフローリングに変えてしまいましょう。

フローリング調のクッションフロアを利用する

通常のリフォームだと20万~30万円ほど費用がかかり、工事も必要になる。
ホームセンターでも販売されているクッションフロアを使えば工事不要で、費用も大幅に抑えることができる。
クッションフロアは塩化ビニル製のため、色・柄が豊富です。

フローリングカーペット(ウッドカーペット)を引く

表は木製、裏は布でできているウッドカーペット。
木材なのでクッションフロアに比べて重厚感があり、本物のフローリングに近い。
6畳用でも1万円~とそこまで高くない。

ウッドカーペットを使用すると・・・

購入時は丸められています。

畳敷きの和室の部屋。

わずかな時間でフローリング床の洋室に模様替え。
接着剤などは使いませんので、下地を痛めることもない。

では次に“砂壁”を隠そう

畳に続いて、和室っぽさを演出している“砂壁”
これを何とかして洋室風にしていきましょう。

壁にカーテンや和紙・布を付ける(少し空けて天井から垂らす)

最も手軽で簡単なのが、和紙・布を付ける方法。
突っ張り棒を使って、天井から垂らすこともできます。

砂壁が隠れるようなベニヤ(化粧ベニヤ)をはめる

砂壁の上からは上塗りはできても壁紙などは貼れません。
ベニヤを両面テープで貼り付けすることで、壁を傷つけずに貼れます。
※壁の材質によっては両面テープが使えない場合もあるため難易度は高いです。

スチロール板(発砲スチロール)を壁に貼り付ける

ネットなどで販売している発砲スチロールをカッティングして、壁に貼り付ける施工法。
100円ショップでは、両面テープのくっついた発泡スチロールも販売されている。
雑誌の切抜きやポストカードなどを上から貼ることで、見栄えの問題もクリアできる。

“砂壁”を隠すと・・・

布に100均の突っ張り棒をつけた例。

砂壁ではありませんが、写真のようにタイル状に貼り付けるとお洒落度が増す。

残った「木枠」はどうすればいい?

古い和室のリフォームで困るのは残った「木」の部分をどうするか。

ビニールテープ・シートステッカーを貼り付ける

100円ショップなどでも販売しているビニールテープ。

様々な柄・色があり、テープを貼るだけでかなり見た目の印象が変わります。

すごい!頑張り次第で和室はこうなる

築30年のマンション。
もはや元が和室だったとは思えないレベル。

築30年の市営住宅。
床に一松模様のクッションフロアを敷いています。

和室(6畳)だった部屋が、ウッドカーペットで洋風に様変わり。

こちらも和室(6畳)だった部屋。
インテリアを配置することで、洋室っぽさがさらに増しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加