憧れ!「本」のための部屋いろいろ【ホームライブラリー・書斎】

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

読書好き、本好きにはたまらない「本」の部屋、厳選集!

狭い空間も居心地よく。
壁一面を使った本棚は、整理整頓がしやすそうです。

斜めの棚板が斬新!それだけでものすごくオシャレな空間に。

アイディア次第で、玄関だって活用できます。光が柔らかく差し込む素敵なスペース。

広々としたスペース、好きなところに座って読めるベンチ。窓の外のグリーンも目に優しい空間。

階段下を活用。

広〜い壁を一面使って巨大な本棚に。

秘密基地のよう!

整然と並んだ書棚たち。ゆるやかにリビングとつながりながらも、ほどよく区切られた空間。

このロフト空間、出てきたくなくなりそう!

倉庫っぽさがCOOL!

隠し扉の向こうは、どうなっているのでしょうか!?

目が眩みそうな本・本・また本。ファッションデザイナーのカール・ラガーフェルド氏のホームライブラリーだそう。

カウチソファ付き。

ナショナル・ジオグラフィックの探検家、ウェイド・デイヴィス氏の書斎。遊び心もここまで来れば芸術の域!

階段脇のスペースと吹き抜けをうまく利用した、開放感のあるライブラリー。作家のアマンダ・パターソンさんの自邸。

埋め込み型の棚。白い壁の面積が広いので、たくさん本があっても圧迫感を感じさせません。

棚の奥と壁の色を赤で統一。モダンなたたずまい。

壁沿いと仕切りに本棚を。空間の広がりを活かしながら、たっぷりと収納を取っています。

ブランコに揺られながら読書というのも乙なものです!

小さなブックショップのインテリアも参考になります。明るい窓辺でチョイ読みできるスペースが魅力的!

本棚を低い位置に揃えれば圧迫感も少なく。

作り付けの棚の配置が幾何学模様みたい。子供達にとっては秘密基地ですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加