リースの新しい飾り方♪フライングリースがおしゃれで今っぽい!

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

壁にかけて飾るリースは、横に寝かせて天井から吊り下げるのが今流の飾り方。下から見上げるのが新鮮で楽しいんです♪

フライングリースって知ってる?

木の弦に花や葉を挿して作られるリースは、壁やドアに掛けて飾るのが一般的。しかし、最近人気のフライングリースはちょっと違うんです!

フライングリースとは、2015年11月頃からRoomClipやInstagramで急速に広がっていっている新しいスタイルのリースです

最近人気なのは、リースを上から吊るす飾り方なんです。

紐やワイヤー、チェーンなどで固定し寝かした状態で宙に吊るすスタイルで360度どこから見ても可愛いのが特徴です

出典tofo.me

下から見上げるのが新しい♡

出典tofo.me

視線の高さに飾ると真横から見えるので、また違った印象です。

ヨーロッパで人気のハンギングタイプのリース

ふんわりと浮かぶフライングリースは、壁掛けリースにはない独特の存在感を放ちます

出典tofo.me

天井付近は雑貨を飾りにくいので空間が寂しくなりがちですが、フライングリースを使えば華やかに飾ることができます。

▽作り方も簡単♪

・土台
・葉っぱや花の飾り
・ワイヤー
・吊り下げ用の紐

詳細:http://hokuohkurashi.com/note/91042
(こちらは一般的なリースの作り方です)

普通のリースと一番違うところは、リースの土台となるところに紐を結びつけて固定をするところです。3か所~4か所に紐を固定して、固定した紐の上の部分をまとめて持ってみて安定すれば大丈夫です

麻紐やチェーンなどで吊ったら、あとは自分の好きなようにドライフラワーや造花を留めつけていくだけ

フライングリースはサイド側と下になる側がたくさん見えるので、普通のリースよりサイド側をたくさん貼ったら良いと思います。あとは、デザインもサイド側から見ても可愛くなるように工夫したら大丈夫です!

出典ameblo.jp

壁にかけるリースより見える範囲が広いので、ボリュームたっぷりにするのが上手に作るコツ。普通のリースよりも材料を多めに用意しましょう。

お花を使わずに葉物だけで作るリースもシックでおしゃれ。見る方向によって印象が変わるように、左右で素材を変えて作ってあるそうです。

お部屋のアクセントになること間違いなし!の素敵なリース

セリアで売られているアイアンサークルは元からフックがついているので、サークルにフェイクグリーンを巻きつけていくだけで完成しちゃいます

こちらは元から葉っぱがぐるぐる巻きになったダイソーのリースを土台にして作られています。小鳥を乗せるとメルヘンな雰囲気でかわいいですね♪

▽リボンやオーナメントでアレンジ♡

寝かしたループ状のベースからオーナメントやレースを垂らしたり、上にろうそくやプレートなどを乗っけたりして自由にデコレーション

出典tofo.me

窓辺にフライングリース 風でリボンがゆらゆらといい感じ

出典tofo.me

リボンを垂らすとエアコンの風などでもゆらゆらと揺れてかわいんです。

蝶のモチーフをリボンに付けたりしてもいいですね!色合いもアンティークな感じでおしゃれ。

カーテンレールにぶら下げるのもおすすめです。キッチンカウンターの上や、玄関、いろんな所に飾ってみてください

リースに使った材料を釣り糸などで垂らしてみるのもいいアイデア

出典tofo.me

リースの下に糸でモチーフを下げると、モビール風のフライングリースになります

出典tofo.me

こんなのもかわいい!♡リース作りの残りの葉や、お気に入りの小物を下げたりもできます。

ベースになるモスベースのWreath台はまさかのDAISOさんのもの。これにサンタの帽子&靴下のガーランドをカットしてつるすだけ

出典ameblo.jp

クリスマス小物を吊り下げれば、クリスマスリースに早変わりです。

▽シャンデリアのように飾る♪

リースの種類の中でも吊るすタイプはフライングリース、シャンデリアリースとも言います

シャンデリアリースとも呼ばれる見た目は、実際のシャンデリアとも好相性。シャンデリアがナチュラルながら豪華な雰囲気に変身♪

シャンデリアにフライングリース!お洒落!

出典ameblo.jp

お部屋のインテリアに合わせて真っ白なリースにするのもいいですね。

▽キャンドルとの組み合わせも人気

キャンドルを立てると、リースがそのままシャンデリアになったように見えます。

リメイクキャンドル4本使って。蜜蝋キャンドルっぽく今回は色をつけました。リボンはちょっと大人な感じで抑えめのゴールドとシルバー。火を使ってないので安心

出典tofo.me

本物の火はつけられませんが、LEDキャンドルなら実際に火が燃えているように見えます。

クリップ式でキャンドルホルダーになったものを取り付けて電池式のキャンドルを楽しんだりもできる

出典tofo.me

小さ目のLEDキャンドルなら100均にも売っているので、工夫して使うのがおすすめです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加