オシャレ感がでない部屋は、「視線」を集めていなかった

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

オシャレ感がでないわたしの部屋…。でも、生活感はたっぷり出てる。なんでかというと…。

出典u-note.me

殺風景だったり、生活感が出ちゃったり。。。
お客さん来るときは、やっぱりね。。。

なんで、インテリア雑誌みたいな部屋にならないの?

初対面の人に会う時、第一印象が大事なのと同じで、パッとお部屋に入った時になんとなく感じた印象が、結構大事

生活感のない、ホテルのような部屋。憧れますよね~。

部屋に入ったとき、インテリア・雑貨が色々なところに配置してあると逆に雑然とした印象になる

ゴチャゴチャした感じは、インテリア・雑貨を集中させていないから。

「視線」を「小物」で集めると、部屋がオシャレに見える

部屋に家具、照明、カーテンを入れても、どことなく殺風景…。

視線が集中する壁に「絵を飾る」と、メリハリがでた!

インテリア空間の中には、立っているときや椅子に座っている時に「自然と視線が集中する場所」(フォーカルポイント)がある

どんなにおシャレな家具をたくさん揃えても、フォーカルポイントがお部屋になければインテリアの完成度は半減する

部屋の中心となるフォーカルポイントを決めて「小物」を配置すれば、部屋の印象が強まり、魅力的なインテリアとなる

視線の集まりやすいところを集中して、コーディネイトしたらいいんですね。

オシャレな部屋の壁に、大きな絵が飾ってあるのは意味がある

ドアを開けたら、パッと目に入るのは壁にかかった「絵」。

部屋の第一印象をつくるために、絵を置いていたんですね。

人の視線をひきつけるところ(フォーカルポイント)を作ると、部屋に表情が出て、落ち着くと同時に見せたくないものが目立たなくなる効果も。欧米のインテリアを見ると、暖炉や絵画が上手に使われています。お気に入りのグッズを三角形を形づくるように置くのもよいそうです。

視線を集めるために、まず「減らす」

出典locari.jp

部屋の色を統一して、収納場所は隠すこと。

すっきりした生活感のない部屋は、色の数が少ないことと、モノの数が少ないことが、ポイント

コツはとにかく物をしまう。必要のないものは一旦しまうこと

買いたいモノを手に取ったとき。それを置く場所があるか、自分の部屋の基本色に合っているか。それを考えながら買い物をする

今必要なもの、気に入ったものだけ、手元に残すのがコツ。

フレーム使うんならミコをインしなさいよ!あとゴチャゴチャし過ぎよフォーカルポイントがごちゃごちゃだと部屋全体がごっちゃりして見えちゃうのよもっと減らして!とデキるオカマみたいなアドバイスが人妻から届いたので修正
:祭壇できるかな pic.twitter.com/AGAgEDrx8D

フォーカルポイントは、お部屋に「ひとつ」が鉄則。

減らしたあと、フォーカルポイントを作る

目につきやすい入口から遠い「壁面」をポイントにする。

入口の正面の壁にある「一点だけ」を素敵に飾りつけるわけ。

入口から部屋に入った時、「遠い壁面」を人はまず目にします

お部屋全体を整えることが難しい、どうしていいか分からない時は、この1点にポイントを絞ってみて。お部屋の印象が変わります

出窓をフォーカルポイントにしたり、ソファなどの大きな家具や絵画そのものでフォーカルポイントをつくってもいい

とにかく、部屋に入って「遠くの正面(ムリなら次に右、右奥の方向)」を飾る場所に。

アンティークな雰囲気の陶器や、観葉植物を置く。

存在感のある家具を中心に、大きめの絵や観葉植物を置く。

蝶々のウォールステッカーでインテリアが明るく華やかに pic.twitter.com/mEA9rTmveW

季節ごとに飾るものを取り替えると、楽しい♪

壁に絵やオブジェを掛けたりするのは手軽に実践しやすいアレンジ

飾るものは、生活感のないデザイン性が高いアイテムがおススメ。

例えば視線を集めたい場所に、ある少し高い位置から幅のある布を吊るす。その周辺に観葉植物やお気に入りのインテリアを並べる

「フォーカルポイント」を作ったら、他の空間には、アレコレと飾り立てない事

視線を分散させない・・・それが大事。

下駄箱の上じゃなく、ドアから入った正面を飾り付けよう。

玄関の扉を開けてまず正面に目に入る場所に見せたいものを飾れば目を引きつけて効果的だし、すっきり整えるだけでも片付いた好印象

トイレも、お客様になったつもりで見てフォーカルポイントを飾ったり、見せたくないものを取り除いてみてください

ドアを開けた正面を飾るのは、トイレも同じ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加