アジアンテイストで雰囲気あったかな部屋づくり

にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへにほんブログ村 ネットブログへ

南国のリゾート地にいるような気分になれるアジアンテイストの部屋。北欧スタイルと並んでとても人気なのですが、落ち着いた雰囲気で、疲れている時にホッとくつろぐことができます。そんなアジアンテイストの部屋作りのポイントをまとめてみました。

アジアンスタイルのメリット

生産地域がアジアそのものが多く、生産コストの面から比較的安価な場合が多い

リゾートにいるようなリラックス感のある部屋にできる

コーディネートに欠かせない雑貨が充実している

まずはイメージしていくことが大切

家具を一点置くだけというより、一部屋をすべてアジアン・テイストのインテリアにしてしまうというのがおすすめ

どういう手順で部屋をつくっていくのでしょうか・・・

1.落ち着いた空間か、明るく開放的にしたいのかなどイメージを決める

2.柱やドア、備え付けの収納扉といった建具の色をベースに考える

3.照明は色温度の低い赤みを帯びた光源を選ぶ

リゾートホテルのレストランで見かけるキャンドル使いもおススメ。南国のゆったりとした夜を思い浮かべてください。

アジアンスタイルに欠かせない照明

ぼんやりとしたリラックスした雰囲気を演出

おすすめの照明はまずシンプルであること。素材には籐やバンブーが最適です。

裸電球にすだれで目隠し

天井には竹を格子状にしてつるしてあります。

ランプシェードを自作してレイアウト

古木などを利用して自作してみるなど、手づくりはレイアウトの楽しみも増えますね。

ファブリックにこだわったレイアウト

壁や天井のクロスまでアジアンテイスト

網戸の色もこげ茶にしてこだわっているそうです。

色味と素材感にこだわったカーテン

ウッド家具にも、自然に馴染んでくれる色合いです。

テレビの裏に華やかなステッカー

ラグのグリーンとイメージが続くような感じにしてあります。

古木でサッシなどのモダン部分を隠す

木のぬくもりにこだわりまくったレイアウトです。

部屋に窮屈感を与えない布テクニック

つるされた布が上手く空間を分けてあります。

テーマはアジアンチックのバー

観葉植物やラグマットのグリーンが爽やかさも演出。コンポの横にCD、見せる収納で使いやすく、ちゃんとディスプレイとしても成り立ってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加